読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

天野祐吉のCM天気図 傑作選―経済大国から「別品」の国へ

天野祐吉のCM天気図 傑作選―経済大国から「別品」の国へ

天野祐吉のCM天気図 傑作選―経済大国から「別品」の国へ

作家
天野祐吉
出版社
朝日新聞出版
発売日
2013-12-20
ISBN
9784022511546
amazonで購入する

天野祐吉のCM天気図 傑作選―経済大国から「別品」の国へ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

HoneyBEE

大好きだった天野祐吉氏のコラム。傑作集と言わず全部集めて本出してくれてもいいんだけど。買うよ。もうこれらが紡がれることがないのだと思うと、そして宇宙人ユーキチと名付けた奥様のあとがきを読むと鼻がツンとしてくる。これからの広告がどう印象付けられてゆくのか、こうやって世間と政治と広告とを素直な視点で描きながら歴史を感じられる言葉を紡ぐひとが果たして他にいるだろうか。

2014/03/06

ぜんこう

気になるけど忘れてるCMをYouTubeで探して見たりしながら読み進めました。僕は天野祐吉さんの考え方が好きなのと、CM天気図というコラムを集めたものなのでスラスラ読めました。天野さんの夢見た(?)原発も戦争もない別品の国に日本はなれるのだろうか。今の日本やCMを天野さんはどのように切り込んでくれるんだろうか。本当に天野祐吉さんを亡くしたのは惜しいです。

2014/03/03

ceskepivo

一つ一つのコラムを読むと、「ああ、そういう時代だった」と思い出す。「人と人とはことばでつながっている」、「物が豊かになった分、この国は想像力貧乏になってしまった」、「世の中便利になることで、ぼくらの手足はどんどんひまになった」。鋭い見方だ。

2014/08/12

Norimasa Saito

「世の中は、酸素と窒素とことば(広告)で出来ている」テレビCMを文化として位置づけた天野祐吉のコラム。時代の空気を反映するテレビCMは下手なバラエティーより勉強になる。テレビCMを通して文明批評している氏の見識には感服する。「人類の危機ではなく人間の危機」言葉を大切にし、言葉の奥にあるものに迫り続けた文章には迫力がある。誠実な、熱のある言葉と生きていきたい。

2014/06/29

kira

新聞を読むきっかけになった人のコラム集。彼が現在も生きていたら、この状況をどのように語るだろうか。昭和の終わりから平成の世間の有様をチクっと皮肉り、冗談めいた言葉で感心させる。さて、福袋の季節が迫ってきている。

2018/12/10

感想・レビューをもっと見る