読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

しかえししないよ

しかえししないよ

しかえししないよ

作家
日野原重明
いわさきちひろ
出版社
朝日新聞出版
発売日
2016-04-20
ISBN
9784022513663
amazonで購入する

しかえししないよ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ちえ

2017年に105才で亡くなった医師、日野原重明さんが94~104で書き溜めた詩にいわさきちひろさんの絵を合わせた詩画集。戦争を経験して、いのちの大切さや、平和、子どもを愛し、人間を信じていたお人柄が伝わってくる。「幸福とは持ち物ではなく幸福だと感じる心 真の幸福とは心の中に溢れる幸福感」「やられたらより強い力でやりかえすのではなく ぐっとこらえてやりかえさない」繰り返し心に語りかけたくなる言葉の数々。

2020/10/04

鴨ミール

私の母がいわさきちひろさんの絵が好きだった。思春期の私は母が嫌いだったので、いわさきちひろさんの絵も苦手だった。 この本は、日野原重明氏の詩にいわさきちひろさんの絵が添えられている。題名からわかるように、命について書かれているものがほとんどです。私の母も高齢となりあとどのくらい一緒に過ごせるかわからないが、この詩画集を贈ったら喜んでくれるだろうか。日野原さんが94歳から104歳の十年間に書きためた詩から選んだというだけあり、とても心に響く詩が多いです。私は今ではいわさきちひろさんの絵は苦手でなくなりました

2017/03/03

tolucky1962

大切にしたい言葉とやさしく美しい絵。すばらしいおふたりの作品がシンクロしています。

2016/11/06

きさ

'いのち'って平仮名で書いてあるから印象に残りやすいし、最も伝えたい言葉だと思う。'いのち'と人を愛することは近い関係で結ばれていることが本から言える。いじめられたら、やり返すか我慢するのではなく、一緒にサッカーしようよ。良い言葉だな。子ども向けというよりは、大人向けではないかなと思う。絵本が好きな方はぜひ読んでみて下さい。

2016/06/18

みー

図書館本。人生の重みと、尊さと、儚さ・・・メメント・モリ・・・「死を想え」。日野原さんだからこその言葉。

2017/01/16

感想・レビューをもっと見る