読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

日本一やさしい「政治の教科書」できました。

日本一やさしい「政治の教科書」できました。

日本一やさしい「政治の教科書」できました。

作家
木村草太
津田大介
AKB48
出版社
朝日新聞出版
発売日
2017-07-07
ISBN
9784022514677
amazonで購入する

日本一やさしい「政治の教科書」できました。 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ochatomo

AKB48の10代、加藤玲奈さん向井地美音さん茂木忍さん3名を生徒に、国会の役割・選挙方法・投票のための情報収集を講義する よりやさしいのは「ギャル男にもわかる政治の話」だが、こちらは『じつは4種類もある“清き一票”』等、丁寧に解説されており、教科書的に繰り返し読める 木村章太さんまえがき『“よりよい社会にしたい”という理想を持ち続けることは絶対に必要』 津田大介さんあとがき『正解がないからこそ、自分の中で“納得”して投票することがもっとも重要』 2017刊

2020/04/14

栗 餡子

一番身近で大切な政治の話、私たちはもっと自国の政治に関心を持って話し合うべき。その入門書としても優秀。学校の副教材にして欲しい位。

2017/10/29

なかやん

図書館新着の本で、憲法学者の木村草太さんが出ているということで手に取った。AKBというとっつきやすい人との会話形式で進められており本当にやさしい教科書である。多数決の正解の定義が気になったなぁ。あからさまにわかる問題、例だと将棋の話の正解はわかるけど、原発が廃止か続行かとかは正解はないしなぁ。今まで多数決の悪いところばかりを見てたけど、正解を導きやすいっていういい側面も改めて注目できて良かった。

2017/12/17

たか

とても読みやすい良書ですが内山奈月の『憲法主義』に似ている。

2017/09/04

あっか

そもそも政治の定義って?国家って何?など、改めて問われると大人でも答えられないことを初っ端から分かりやすく説明してくれて、とってもとっかかりやすい!音喜多さんの「ギャル男でも分かる〜」と似たコンセプトでどちらもおもしろく分かりやすいのですが、こちらはAKBの子達がとっても真面目。笑 発売されたばかりで時事もタイムリーな話題なので、たくさんの人に読んでほしい!中学生くらいからおすすめです。

2017/09/01

感想・レビューをもっと見る