読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

鴻上尚史のますますほがらか人生相談 息苦しい「世間」を楽に生きる処方箋

鴻上尚史のますますほがらか人生相談 息苦しい「世間」を楽に生きる処方箋

鴻上尚史のますますほがらか人生相談 息苦しい「世間」を楽に生きる処方箋

作家
鴻上尚史
出版社
朝日新聞出版
発売日
2021-04-20
ISBN
9784022517555
amazonで購入する Kindle版を購入する

鴻上尚史のますますほがらか人生相談 息苦しい「世間」を楽に生きる処方箋 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

美登利

コロナ禍の現在、家庭での悩み事が増えたと感じます。テレワーク出来る仕事は限られるので、在宅になるばかりでは無いと思うけれど気軽に外出出来ない、子供が学校が休みで家にいることが増えたなどで家族が関わる頻度が高くなっているからね。今回も温かな言葉で寄り添う鴻上さん。あとがきにあった似たような相談がこれからももっと出てくるだろうけど、ずっと続けて欲しいと思います。個人的には不倫で産んだ息子にその事をどう伝えたら良いか悩む母親の相談が印象に残りました。毒親、それは本当に距離を置くのが1番だと私も思います。

2021/07/24

kou

シリーズ第3作目、今回も相談内容が、全くほがらかじゃない(汗)。そんな相談にも、一つ一つ真摯に誠実に答えられており、読んでいて胸が熱くなった。親子関係で悩んでいる人が、いかに多いことか・・・。相談者達の悩みが、少しでも軽くなることを願わずにはいられない。

2021/07/24

Twakiz

私淑する鴻上尚史さんの人生相談シリーズ3冊目.まったく「ほがらか」ではない内容の切々たる悩み相談が多いのだが鴻上さんがユーモアとロジックと共感と,絶妙なバランスで回答される様子が心地よい.甘やかすでも突き放すでもなく本質をついていると感じます.自分も相談を送りたいけど(全部に目は通していますとあとがきに書いてくださっている)採用倍率は執筆時で15倍のようですね・・早く鴻上さんの舞台がまた観に行ける世の中に戻りたい.

2021/09/20

kum

シリーズ3作目。相談の内容は、家族の問題、友人、仕事、生き方、老い…とさまざま。前回読んだ1作目と同じく、今の自分が同じ悩みを抱えていなくても、知らない誰かの悩みを知ることとそれに対する鴻上さんの回答は、何かしら人生の道標になるように思う。今回もいいなと思ったのは、回答が「優しい」のではなく「現実的」であること。相談者が少し視点を変えてふっと肩の力を抜けるような、問題を客観的に捉えた上でのアドバイスが今回も心に響いた。

2022/02/14

踊る猫

軽妙に/軽快に鴻上尚史は答える。だが、それは軽薄さとは違う。基本的に感じ入るのは彼がどんな相談者の悩みも一蹴するのではなく、それをそれとして尊重していることだ。そして、相談者のポテンシャルというのか彼/彼女の中にどんな人格があり可能性がありうるのか、文面から読み取れたものを示し提示している。そうした相手を尊重する姿勢があるからこそ、彼が説く「対話」の重要さは薄っぺらいお題目には響かないのだろう。迂闊に彼の答え方を真似するのではなく、有難く受け取るのでもなく、彼の慎重さと思慮深さをこそ「盗む」べき本だと思う

2021/07/11

感想・レビューをもっと見る