読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ドナウの旅人 (上)

ドナウの旅人 (上)

ドナウの旅人 (上)

作家
宮本輝
出版社
朝日新聞社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784022553591
amazonで購入する

ドナウの旅人 (上) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

たか

宮本輝の文章表現はなんでこんなに美しいのだろう。ドイツからルーマニアまで、ドナウ川沿いに3,000kmを旅する上下巻に及ぶ長編であるが、文章表現の美しさとドナウ川の景色の美しさが重なりあってゆく。B評価

2017/11/08

Tomoko 英会話講師&翻訳者

ドナウ川沿いに旅する訳ありの4人。今とはいろいろ違って、国が分断されてたり、くっついてたり、ビザが必要だったり。田舎の町に行ってみたい。☆川の向こう岸が別の国。ホテルのフロントに強気に対応。悪いことは全て周りのせいだと思う人。年月が経ってわかる言われた言葉の意味。☆ドナウ川の流れ:ドナウエッシンゲン~レーゲンスブルク~パッサウ~ウィーン~ブタペスト~ベオグラード~...~黒海

2019/01/15

きりぱい

「恋人同士であれ、夫婦であれ、友人であれ、いったい誰がいつもいつも相手の求めるものに応じられるだろう。人は絶えず、このようにされたいと思うとき、されたくない行為を受けている。自分だって、きっと同じだ。相手が言われたくない言葉を、気づかず口にしているときが多いに違いない。自分は、ないものねだりをしていたのだ。」の言葉。ウィーンの連携がいい。

2009/03/02

はっさく

昔、新聞で毎朝読んだはずだったけど、ほとんど記憶に残ってない。宮本輝の真骨頂、兎に角、引き込んで読ませる。但し、上巻で、ほぼ見えてる気がするので下巻はどうか?

2019/04/29

平坂裕子

夫を捨てて、家出した母親が若い男と一緒の旅に出ていた。そして母を探しに出た娘も、ドイツで別れた男と再会して、一緒に追いかける事になる。母と娘のそれぞれの愛の行方は? すべての人間は、欠点だらけである。この言葉納得!

2017/11/20

感想・レビューをもっと見る