読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

パリ燃ゆ 1 (大佛次郎ノンフィクション文庫 1)

パリ燃ゆ 1 (大佛次郎ノンフィクション文庫 1)

パリ燃ゆ 1 (大佛次郎ノンフィクション文庫 1)

作家
大佛次郎
出版社
朝日新聞社出版局
発売日
0000-00-00
ISBN
9784022609113
amazonで購入する

パリ燃ゆ 1 (大佛次郎ノンフィクション文庫 1) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

松本直哉

パリ・コミューンの前史として、1851年12月のルイ・ボナパルトによる無差別殺戮のクーデタから始まる。その後ナポレオン三世として第二帝政。残虐行為への良心の呵責からだろうか、罪を償うかのように、パリの町並みを近代化、万博を開催、植民地を広げ、フランスを繁栄に導く。やがて普仏戦争で惨めな敗北を喫するまで。産業革命後の貧富の格差、社会主義革命に闘志を燃やす活動家たち。ヴィクトル・ユゴーやブランキのような著名人から、市井の職人、労働者たちまで、人物群像が小説のように生き生きと活写される。

2014/06/11

感想・レビューをもっと見る