読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

17歳の殺人者 (朝日文庫)

17歳の殺人者 (朝日文庫)

17歳の殺人者 (朝日文庫)

作家
藤井誠二
出版社
朝日新聞社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784022613868
amazonで購入する

17歳の殺人者 (朝日文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

emi

残忍さ、罪の重さを考えると分からなくなる事がある。少年法と少年犯罪、死刑と犯罪と様々な事を混ぜ、正しい正しくないという事で判断するには限界がある。まして一つの犯罪を見れば、被害者(家族)、加害者の心情があるとも思う。高度経済成長を経て成熟社会になり、戦後の法律・教育システムなども適宜改善されるべきなのを論議もなされず政策や利権に帳尻を合わせるだけで、社会に合わなくなってきているのだと思う。誰もが苛立ち集団リンチは形を変えメディア、ネットでも行われている。この本はルポというより、そんな事を考える本だと思う。

2012/04/18

Ikuto Nagura

少年犯罪に対する、私たち大人の責任とは何か考えさせられる。第一章にある女子高生コンクリ事件の加害少年たちの思考や行動は、彼らが年相応に幼稚で短絡的で、理性的な判断ができないことを表していた。そんな彼らへの教育は、中学卒業や高校中退をもって放棄され、手を差し伸べる大人は低賃金重労働を課す雇い主か暴力団員…。大半の大人たちは、彼らに無関心か、社会からの排除しか考えない。唯一彼らを教育できそうな機関は少年院なんだろう。であれば、教育や社会との繋がりを蔑ろにした少年犯罪の厳罰化は、社会リスク低減に逆効果だと思う。

2015/01/16

チープフェイス

事件にかかわった人たちの心情が現実味を帯びて伝わってきた。自分の育ってきた環境ではありえないことなので、想像しがたかったがこれが現実なんだと考えさせられた。

2010/01/02

感想・レビューをもっと見る