読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

自由訳 千の風になって

自由訳 千の風になって

自由訳 千の風になって

作家
新井満
出版社
朝日新聞出版
発売日
2009-09-04
ISBN
9784022616166
amazonで購入する

自由訳 千の風になって / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

tak

初めて『生きる』価値と『想う』意味の歌詞を知った。モヤモヤしてたけれど、勇気をもらった。

2010/04/12

メルセ・ひすい

8-37 赤142 きれい・・大切な人を亡くした時、悲しみをこえて生きる勇気を与えてくれる“いのちの詩”。そんな『千の風になって』に、いわさきちひろの絵が付いた。ページをめくるうちに、風はすぐそばを吹いていることに気がつく。

2007/04/18

homkithi

英語の原詩があることを初めて知りました。正直なところ今の私には、あまりピンとこない歌だけど、いつか深く分かる時が来るのだろうと思います。

2009/09/25

雨巫女

亡くなった夫から、死んだら墓にいないよ。ぞばにいるって、懐かしかった。

2009/09/21

感想・レビューをもっと見る