読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

五二屋傳蔵 (朝日文庫)

五二屋傳蔵 (朝日文庫)

五二屋傳蔵 (朝日文庫)

作家
山本一力
出版社
朝日新聞出版
発売日
2015-10-07
ISBN
9784022647955
amazonで購入する Kindle版を購入する

五二屋傳蔵 (朝日文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

sin

緊迫した黒船襲来という時節を扱っているものの残念ながら物語はそこに直結しない。それを舞台として用意された五二屋vs盗賊という見せ場さえ、回想と蘊蓄の連続で肝心の本筋が際立たない。そうかといって作者の筆遣いは、たくみで物語が面白くない訳ではない。勝手な言い分だが、いっそ盗賊のくだりを抜いて表題の割には扱いの薄い主人傳蔵の話と、五二屋を利用する人々の物語にしていただいて、続編としてvs盗賊を書き上げて欲しかった…と、そう思わずにいられない。

2016/04/13

黒柴アーモンド 豆もん部長

面白い。止まりたくない面白さだぞ〜((o(。>ω<。)o))侠気と知略の攻防戦が堪らない。結末について語りたいが、ネタバレになるのでやめましょう。

2016/07/01

万葉語り

黒船襲来で世間が大騒ぎの中企まれた、質屋襲撃の話。たった一つの出来事をあらゆる方面から掘り下げて合って読みごたえがあった。2020-043

2020/03/18

jima

質屋対盗賊

2017/12/20

ナチュラ

頂いた本 山本一力さんの作品は初読みでした。 五二屋とは質屋のことなんですね。 店主の傳蔵さんは男気があり、人望が厚く、理想の経営者です。 登場人物の一人一人も丁寧に人物像を描いており、感情移入してしまいます。また、江戸の街並み、川、船、料亭などがとてもリアルで風景が見えてくるようでした。 時間をかけてゆっくり読了。大河ドラマを観終ったような感覚。

2016/09/19

感想・レビューをもっと見る