読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

疾走!千マイル急行 (ソノラマノベルス)

疾走!千マイル急行 (ソノラマノベルス)

疾走!千マイル急行 (ソノラマノベルス)

作家
小川一水
長澤真
出版社
朝日新聞社
発売日
2007-11-07
ISBN
9784022738202
amazonで購入する Kindle版を購入する

疾走!千マイル急行 (ソノラマノベルス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

UK

少し古い時代を想定した仮想世界、メリハリの効いたキャラクター設定、 わかりやすい文章、と著者の良い所が生きそうなワールド。 母国の運命を背負って走る急行列車と搭乗している少年少女の成長を描いていく。前半も普通に面白けど、後半になってくると彼等の成長ぶりがぐんと加速されて眩しい。この著者のテーマ設定はpositiveでいい。

2013/09/02

FUJI燦々

架空世界の鉄道をメインにした話。少年の成長や都市国家間の闘争が描かれています。

2017/07/10

tanabota

あとがきにシンパシー。『駅前』も『通勤定期』も「駅まで四キロ、公共交通手段皆無」の田舎のわが地元にも身近じゃないわ。確かに。通勤定期と月極駐車場契約はワンセット・・・

2014/09/01

前半はゆっくりとした進みだが、背景や人の思惑がだんだんわかってきた中盤から面白くなってくる。疾走って感じ読みきれます。

2008/12/14

渡辺

結構長く、読みごたえあります。アニメ化されないかな。

2015/02/08

感想・レビューをもっと見る