読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

視えるんです。4 (HONKOWAコミックス)

視えるんです。4 (HONKOWAコミックス)

視えるんです。4 (HONKOWAコミックス)

作家
伊藤三巳華
出版社
朝日新聞出版
発売日
2018-07-20
ISBN
9784022758477
amazonで購入する Kindle版を購入する

視えるんです。4 (HONKOWAコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

yoshida

私は「視えない」人ですが怖い話しが好きです。読了して、人間の執念や執着が怖さの源なのかなと思いました。とあるアパートの外で視た顔の不明な小学生、崖を削る白いワンピースの女性の振り向いた表情が特に怖かったです。フィリピン編では森の精霊の話しにお国柄を感じました。私見ですが、日本でも昔は人が住んではいかなかった土地に開発で住めるようになった。住めなかった理由は自然災害や環境の厳しさが過去にあったのだと思う。それによる自然災害のニュースを見ると胸が痛みます。世間には解明出来ない不思議があると思わされる作品です。

2018/11/12

ラルル

良かったです。スピ散歩よりホラー色の強いこっち(とスピオタ子ちゃん)の方が面白い。 フィリピンのお話良かったです。人もアジアの純情だけど、自然もアジアの純情! 日本のようにゴチャゴチャ複雑に考えてないのが良いですね。真っ直ぐな心大事。歌舞伎町のストーカー男の話は男の絵が怖すぎて夜中目が覚めた時に思い出しちまったよ! 三巳華さん、怖い幽霊描くの上手よね 

2018/08/01

ブックマスター

視えるんです、久し振りの続巻!怖い体験談が大好物な私にとっては、大好きなシリーズです。話はかなり禍禍しくて恐ろしかったりするのに絵柄はポップ…というギャップも面白い所。亡くなった人たちが帰ってくると言われるお盆は、幽霊たちが本当に里帰りしてるのかもしれないと考えれば少ししんみり。作者さんの友人Oさんは、相変わらず禍禍しいですね(笑)知らずに引き寄せてしまう性質の人って実際にいるんだなぁ。フィリピンでも怪現象に遭遇する作者さんの引きの強さ。一番怖かったのは歌舞伎町の話と「…手」の幽霊。視えないことに感謝…!

2019/06/17

じょり

やっと新作に追いついた。すべてのエピソードが禍々しかったけど、一番は三つ目が通った歌舞伎町。げに恐ろしいは人間の念。歪んだ思いは怨念になるね。幽霊より生きた人間のほうが何するかわからんから恐ろしいね。それと、よく出てきてたО君とのなれそめ(?)も知れて面白かった。

2018/08/08

chatnoir

角川版に納まっていないという意味で新刊♪禍々しいなぁ~夏にピッタリ。マンゴーの話は怖かった。一種、マフィアっぽい。沖縄のガジュマルの木っぽい気もする。ミミカさんの独立したて頃のお話も面白かった。類友だね(笑)火災跡のアパートか...大戦中なのか関東大震災の時なのか...火事で亡くなるのは辛いんだろうなぁ。水を求める話も沢山あるね。函館大火の怪談もこんなのが沢山ある。某川辺はアブナイらしい。そう言えば、角川版は表紙がラメラメキラキラしてたけど、このシリーズは蛍光の幽霊さん達が散りばめられていて可愛い。

2018/08/02

感想・レビューをもっと見る