読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

読解力がグングンのびる! 齋藤孝のゼッタイこれだけ!名作教室 小学1年(上)

読解力がグングンのびる! 齋藤孝のゼッタイこれだけ!名作教室 小学1年(上)

読解力がグングンのびる! 齋藤孝のゼッタイこれだけ!名作教室 小学1年(上)

作家
齋藤孝
出版社
朝日新聞出版
発売日
2012-03-07
ISBN
9784023310476
amazonで購入する

読解力がグングンのびる! 齋藤孝のゼッタイこれだけ!名作教室 小学1年(上) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

HappySong

8歳(小3)★★★☆☆ 再読。一人読み。今月も毎日の音読で使用。

2020/05/02

HappySong

7歳(小2)★★★★☆ 一人読み。「飴だま」「きまぐれロボット」「むじな」「キツネとブドウ」「ヘンゼルとグレーテル」「花咲き山」「私と小鳥と鈴と」「いちょうの実」「坊ちゃん(抜粋)」「金になってしまったごちそう」「故事成語・矛盾」「くもの糸」12作収録。『子どもの学力は「読解力」で決まる!』という書籍で紹介されていたので購入。 難易度を考え1年生用からにしてみた。音読の宿題に使っている。 文豪たちの名作を初めて読む娘。「坊ちゃん」は抜粋だけど、読んで大笑いしていた。導入成功。今後が楽しみ。

2020/01/20

HappySong

8歳(小2)★★★☆☆ 再読。一人読み。今月も毎日の音読で使用。

2020/03/01

ゆっくんパパ

子どもに読ませたくて購入。どういうところを意識して読むべきかが示されている点が良い。作品のチョイスも宮沢賢治を除いては良い。宮沢賢治のあの作品を一年生が読むのは無理だと思う。申し訳ないがこれだけはチョイスミスだと思う。読めないことで子どもに本嫌いになられては困る。そもそも、あの作品が読めるくらい子ならかなりの読解力はあるはずで、そんな子にはこの本は要らないだろう。

2015/01/12

中野 亜子

小2の娘の寝る前読書用に図書館で借りた本。どれもいいお話で一緒に読んでいて心が洗われる。シリーズで6年生まであるけど、子どもと一緒に読みたいものばかりなので、学年に関係なく1年から全部読もうと思う。文章と並行して、筆者の注釈や難しい単語の意味が書いてあるので、話を中断して調べる手間も省けるし、教科書のどこに注目して読めばいいかがわかりやすくなる。自分で調べることも、自分で感じることも大切だが、それが苦手な子のとっかかりとしてすごくいいと思う。 小5の息子も1年上を読み、わかりやすかったとのこと。

2021/07/01

感想・レビューをもっと見る