読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ともだち―Dear Friend

ともだち―Dear Friend

ともだち―Dear Friend

作家
長倉洋海
出版社
偕成社
発売日
1998-08-01
ISBN
9784030162709
amazonで購入する

ともだち―Dear Friend / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ヒラP@ehon.gohon

長倉洋海氏が親しみをこめて、「Dear Friend(実際にはfriends?)」と呼んだ子どもたちの表情を見続けているうちに、安易に友だちのつもりになってはいけない、彼等の抱えている重さに息苦しくなりました。 紛争や貧困の中で、精一杯命を輝かせている(時には亡くなった幼子の)写真は、安穏と平和と安全と、純粋さを失った日本の社会構造に生きている若者たちに、「友だちになろう」と語りかけているように思えてきたのです。 問題提起でありアンチテーゼとしてのタイトルに、若者はどの様に答を出すのでしょうか。

2019/03/04

Takao

1998年8月発行(初版)。図書館でふと目にし読んだ(?)。エルサルバドル、アフガニスタン、フィリピン、レバノン、ヨルダン、ブラジル、メキシコ、マレーシア、グアテマラ、パキスタン、南アフリカなどで撮影された91枚の子どもたちの写真が収録されている。難民キャンプや途上国で暮らす子どもたちの一瞬の笑顔や、凛々しい表情が捉えられている。本書出版から18年。子どもたちはどんな大人に成長しているのだろうか。それとも…。世界中の子どもたちに「平和」を願いたい。

2016/10/25

ケン五

時折、引っ張り出して眺めます。なんとも言えない友達たちの眼差しが好きです。

2009/11/28

あられ

ともだち…というタイトルに、はじめは頁を捲りながら混乱した。そのうち、そのタイトルの持ついろいろな意味が伝わってくるような気がして、目が離せなくなった。ともだち、今、どうしているんだろう???

2020/06/03

感想・レビューをもっと見る