読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ザザのちいさいおとうと(新装版)

ザザのちいさいおとうと(新装版)

ザザのちいさいおとうと(新装版)

作家
ルーシー・カズンズ
五味太郎
出版社
偕成社
発売日
2011-01-14
ISBN
9784032016000
amazonで購入する

ジャンル

ザザのちいさいおとうと(新装版) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

紫 綺

おとうとが出来て寂しい思いをするおにいちゃん、ザザ。よくある展開かと思いきや、さすがおにいちゃん、立派におとうとの面倒を見てあげた。ポップな絵と文字がやさしく、五味太郎さんの訳が楽しい♪

2014/07/26

ごんたろう

少年ザザに弟が出来た。中心は弟になる。家族は皆忙しくなり、なかなか相手にしてくれない。ザザは、頭では分かっているが、いい気分ではない。親の気持ちも分かる。1人目と2人目、同じように育てたい。ザザは、母親の「あなたがだっこすれば」の言葉に示唆され、弟の面倒を懸命に見る。現実に対する不満と、現実をなんとかして受け入れようとする意志、赤ちゃんを丁寧に支えようとする意志と、それを母親に見てもらいたいという意志。気持ちは複雑。自分の置かれた状況そのものを変えることはできない。ならば自分が変わろうという姿勢は大切だ。

2015/10/13

遠い日

お兄ちゃんになったザザ。忙しく弟の世話をする両親に、ちょっと遠慮してみたり、甘えて構ってほしがったり、初めて下のきょうだいができた子どもの心の揺れ、とまどいを丁寧にすくいあげている。ザザ、健気でいじらしくなっちゃう。

2018/01/18

Maiラピ

大好きなメイシーちゃんシリーズのルーシー・カズンズ著です。カラフルでポップな絵に優しいお話。

2011/02/26

ひまわり

おにいちゃんになったザザ。おとうとをよろしくね!

2019/10/11

感想・レビューをもっと見る