読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

おたまじゃくしの しょうがっこう (かこさとしおはなしのほん)

おたまじゃくしの しょうがっこう (かこさとしおはなしのほん)

おたまじゃくしの しょうがっこう (かこさとしおはなしのほん)

作家
かこさとし
出版社
偕成社
発売日
2014-02-13
ISBN
9784032062908
amazonで購入する

ジャンル

おたまじゃくしの しょうがっこう (かこさとしおはなしのほん) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

kaizen@名古屋de朝活読書会

いちべえぬま小学校。84ひき。 おたまで歌が「おみやげは、たくさんほしい、まってます」 めだかで歌が「めいわくだ、だっこにおんぶ、かえりみち」 おたまじゃくしの101ちゃんから減っていることが時代の流れ。

2014/10/24

nakanaka

「おたまじゃくしの101ちゃん」の続編となる作品のようですがそちらは読んでいません。前作では101匹いたのですが今作では84匹になっています。さすが加古先生、自然の厳しさをさり気なく盛り込んでいます。おたまじゃくしのお父さんとお母さんが学校の先生となって国語や算数を教えるという内容。おたまじゃくしの一匹一匹を描くという細かい描写に加古ワールドの神髄を見た気がします。

2018/11/05

クリママ

小学校低学年ぐらいだと、一緒にお勉強して楽しめます。

2019/03/09

ねなにょ

おたまじゃくし達の俳句の才能に脱帽。こどもたちを守る為、巨大なひげながナマズに勇敢に立ち向かい、やっつけた、とうさんこうちょうせんせい、かっこいい~! 残念ながら『おたまじゃくしの101ちゃん』は未読。かこさとしは、いつ読んでも、楽しくてためになる。

2015/02/10

おーちゃんママ

国語、算数、理科、社会、そして集団生活も学んでます。かこさん、是非是非お元気で、大学生生活まで描いてください!(でも、大学生になった時に、数はいったい・・・・)

2014/04/08

感想・レビューをもっと見る