読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ターシャテューダー クリスマスのまえのばん

ターシャテューダー クリスマスのまえのばん

ターシャテューダー クリスマスのまえのばん

作家
クレメント・クラーク・ムア
ターシャ・テューダー
Clement Clarke Moore
Tasha Tudor
中村妙子
出版社
偕成社
発売日
2000-11-27
ISBN
9784033278001
amazonで購入する

ターシャテューダー クリスマスのまえのばん / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

buchipanda3

深々と夜がふける冬の空、月あかりの下をそりが微かな音を鳴らしながら近づいてくる。そんな光景を描いたターシャさんの細緻で叙情的なタッチの絵が穏やかに沁み込む。やがて静かな遠景から一転、暖炉の前、ステップを踏むように飛び出してきた小柄なサンタさんに心が躍る。それを迎える動物たち。ターシャさんと言えばコーギー。そのコーギーたちや猫たち、さらにふくろうたちや隠れるようにいたねずみたちもみんな可愛らしかった。ちょっとだけ騒がしいクリスマスの前の晩はあっという間に過ぎていく。翌朝の歓喜の声が聞こえてきそうだ。

2020/12/22

ままこ 🍁

軽やかにやってきた茶目っ気たっぷりのサンタさん。リズムカルな詩に合わせたターシャ・テューダーさんの温かみのある絵が素敵。見返しの絵も可愛いな。不思議で温かなクリスマス・イブのおはなし。【読んだ本2020冊目】

2020/12/12

Hideto-S@仮想書店 おとなの絵本 月舟書房

サンタクロースのイメージを一般に定着させたと言われるクレメント=クラーク=ムア教授の詩に、ターシャ・テューダーさんが絵をつけた絵本。詩が書かれたのは1822年。もともとは教授が自分の子どもたちのために書いたものだったそうです。最初のタイトルは『セント・ニコラスのおとずれ』。美しい詩はこんな書き出しで始まります。クリスマスのまえのばん。ゆかしたのねずみもひっそりとしずまりかえったいえのなか。だんろのまえにはくつしたが ねがいをこめて かけてある。「サンタクロースはくるかしら……」。1999年に絵を全面改稿。

2013/12/28

ゆのん

【絵本】クリスマスの前の晩。大人も子供も寝静まった家にサンタがやってきて帰るまでの短い時間のお話。289

2019/09/25

ほりん

ターシャ・テューダーの絵本を読みたくて手にした。ターシャ・テューダーは、古き良きアメリカの家庭生活を多く描いている絵本作家。クレメント・ムアのこの詩は、クリスマスの詩として有名だそうで、他の挿絵の本も数多く出ているようだ。ターシャ・テューダーはこれ以前にも同じ詩で絵本を出版しており、これはそれに手を加えたもの。各ページとも丸い枠のなかにクリスマスイブの様子が描かれていて、遠い風景が目の前に浮かんでくるような感じになっている。旧版も評価が高いようなので、そちらも読んでみたい。

2015/12/09

感想・レビューをもっと見る