読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ぞうはどこへいった?

ぞうはどこへいった?

ぞうはどこへいった?

作家
五味太郎
出版社
偕成社
発売日
2012-02-03
ISBN
9784033322704
amazonで購入する

ジャンル

ぞうはどこへいった? / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

パフちゃん@かのん変更

密猟者に捕えられて外国の港に運び込まれたゾウ。でも、箱を開けたら空っぽ。 「・・・そして楽しい気分がいつのまにか箱いっぱいになったというわけなんです」というのがゾウさんのお話。w(゜o゜)w わたしには理解の範疇を超えていました(-_-;)子どもにはウケるのか・・・分かりません。

2014/04/25

Kawai Hideki

「チーズはどこへ消えた」っぽい題名だが、中身はぜんぜん違う。当たり前だが。象が密猟グループに捕まって、箱に詰め込まれてどこかの港に連れて行かれてしまうのだが、箱を開けてみると象が消えていた!実は、人間よりも象が一枚も二枚も上手だったというお話。

2013/12/23

Aya

【図書館】悪いやつらに捕まったぞうさん。箱につめられ、船に乗せられ、着いた先で、箱を開くと…あれれ?ぞうはどこへいった?「ぞうはどこへもいかない」でも思ったが、途中から想像の斜め上をいく展開で、思わず「え!???」と声に出して驚いてしまった。"インターネット"という単語が文章中に出てきてこれもまたびっくり!!さてさて、ぞうは無事に帰れたのでしょうか?

2014/07/06

円舞曲

えっ?そうなんだ。しみじみとお話の深さに唸った。自分の先入観に気が付く本かな。:読み語りのグループで。

2012/05/15

雨巫女。

《図書館》摩訶不思議なはなしだが、象には、幸せに暮らしてほしい。

2012/02/23

感想・レビューをもっと見る