読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

びりっかすの子ねこ (世界のどうわ傑作選( 5))

びりっかすの子ねこ (世界のどうわ傑作選( 5))

びりっかすの子ねこ (世界のどうわ傑作選( 5))

作家
マインダート・ディヤング
ジム・マクマラン
中村妙子
出版社
偕成社
発売日
1966-11-01
ISBN
9784035320500
amazonで購入する

びりっかすの子ねこ (世界のどうわ傑作選( 5)) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぶんこ

7匹兄弟のびりっかすに産まれた子猫。お母さんのお乳も暖かい寝床も、いつも押し出されてしまうびりっかす。ある日母親と兄弟が外に散歩に出たのを追いかけようとして老犬のところに落ちたしまったことから始まって一晩の冒険。たった一晩でも子猫にとっては大冒険。最後は優しい飼い主巡り会い、仲良しになった老犬とも一緒に暮らせるようになりました。冒険での子犬との鼻と鼻をくっつけるところが微笑ましい。忙しくて寂しかった飼い主も、煩い犬たちから解放された老犬も、そしてびりっかすの子猫もしあわせな日々が始まってハッピーエンド。

2019/02/24

みい坊

小学生の頃、先生から渡されて初めて読書感想文を書いた一冊です。ミルクのようなお月さまと言うフレーズがうっすらと心に残っていました。七番目に生まれたチビの子猫は、お母さんのおちちも貰えず、寒さに震えながら成長します。お兄ちゃんたちと一緒にお母さんと歩きたいと考え自分ですばこを出た子猫。仲良しになった年寄りの犬のもとから、離れてしまい、一晩の冒険が始まりました。チビでビリッカス。それでも自分で幸せを見つけた子猫。大好きな飼い主さんと犬の所に戻れてホッとしました。くじけないチビちゃん猫に勇気をもらった思いです。

2015/08/23

花林糖

(図書館本・初版)読んだ後、とっても爽やかな良い気持ちになれました。ほのぼの可愛らしいお話。(購入)

2015/05/18

おはなし会 芽ぶっく 

第13回青少年読書感想文コンクール課題図書 小学校 30年度ブックトーク授業5年生 読書感想文に向けて。 7番目に生まれたびりっかす。1晩で7軒のおうちを巡るだけなんだけど、チビなびりっかすにとっては大冒険。

2018/07/13

佐志城 凛

にゃは~(*´∀`)♪可愛い~(*´ω`*)すえっこみそっかすのこねこちゃんが、家に戻れなくなって、一晩かけて近所七軒大冒険。一晩しか経ってないとは思えないほど、一緒に大冒険した気分になりました。7つの家と7つの庭は、7つの海に匹敵しました。最後がまた幸せになって良いですね♪

2014/04/21

感想・レビューをもっと見る