読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

うちのトイプーがアイドルすぎる。2 (ピクシブエッセイ)

うちのトイプーがアイドルすぎる。2 (ピクシブエッセイ)

うちのトイプーがアイドルすぎる。2 (ピクシブエッセイ)

作家
道雪葵
出版社
KADOKAWA
発売日
2019-07-26
ISBN
9784040658414
amazonで購入する Kindle版を購入する

「うちのトイプーがアイドルすぎる。2 (ピクシブエッセイ)」の関連記事

緊急事態宣言で、いつもより家族の帰宅が早い。みんながすぐ家に帰ってくる日々にクーさんの反応は…/うちのトイプーがアイドルすぎる。56

動物嫌いだった私の元にやってきた一匹のトイプードル、クーさん。動物が苦手な人間にとって犬との生活は騒動の連続! でも少しずつクーさんと信頼し合い、仲良くなっていって――。コロナによる緊急事態宣言で、みんなすぐ家に帰ってくる日々に、クーさんの反応は⁉

続きは本書でお楽しみください。

2021/1/14

全文を読む

見事な方向転換で車庫入れのようにすり寄ってくるクーさん。しかし、時として大事故に!?/うちのトイプーがアイドルすぎる。55

動物嫌いだった私の元にやってきた一匹のトイプードル、クーさん。動物が苦手な人間にとって犬との生活は騒動の連続! でも少しずつクーさんと信頼し合い、仲良くなっていって――。飼い主に体の一部をくっつけると、安心するタイプのクーさん。その動きは、まるで車庫入れのよう…?

<第56回に続く>

2021/1/13

全文を読む

関連記事をもっと見る

うちのトイプーがアイドルすぎる。2 (ピクシブエッセイ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ame.

クーさんも、うちのこむぎも、たぶん他のわんこたちも冬はやっぱり寒い。寒い時にはやっぱりコタツ。曇りの日や夜はコタツの中でぬくぬく温まり暑くなると出てくるを繰り返す。甘えたなこむぎは抱っこするとすごく顔を舐めてくる時があるのだけど、うちもよく「3ぺろしてもらった」などと言っている笑。ちなみに散歩の時も途中どうしても歩きたくない時(道)は抱っこで周りをキョロキョロするのが好き。作者の言う通り、命を預かることは大変で責任は重いけど、わたしもこの先どんな苦労が待ってたとしてもこむぎがいる人生を選んでよかった。

2021/01/11

珠李

犬っ可愛いってだけじゃ飼えないのって納得。 人間みたいに病気するもんね。

2021/02/27

はな

やっと読めた!書店、最後の一冊…!くーさん可愛いー。あざといー。私のうちのトイプーもこれあるわー(*´∀`)って、トイプーあるあるに超共感。トイプー好きにはたまらない。

2019/07/29

自分が可愛いってことをわかっていて発揮できる子は最強ですね。今回はクーさんの写真が掲載されていて、ぬいぐるみのようで、皆がメロメロになるのがわかる可愛さです。

2019/12/25

まつじん

かわいすぎる~

2020/07/27

感想・レビューをもっと見る