読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

元気になるシカ! アラフォーひとり暮らし、告知されました (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

元気になるシカ! アラフォーひとり暮らし、告知されました (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

元気になるシカ! アラフォーひとり暮らし、告知されました (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

作家
藤河るり
出版社
KADOKAWA
発売日
2016-09-22
ISBN
9784040686684
amazonで購入する Kindle版を購入する

「元気になるシカ! アラフォーひとり暮らし、告知されました (メディアファクトリーのコミックエッセイ)」の関連記事

他人事ではない? 自分や家族が癌になった時あなたはどうしますか——闘病漫画まとめ

 30年以上にわたって、日本人の死因トップを守っている「癌」。高齢化が進むにつれて、2人に1人が癌になるといわれているほど。にもかかわらず、癌については表面的な部分しか知られていません。そこで本稿では、実際に癌になったらどのような治療を受けるのか? 副作用は? 治療費は? 家族はどうすればいいのか? などといった、癌についての知られざる部分をリアルに表現している漫画を紹介したいと思います。

このまとめ記事の目次 ・元気になるシカ! アラフォーひとり暮らし、告知されました ・がんまんが 私たちは大病している ・32歳で初期乳がん 全然受け入れてません ・今日から第二の患者さん がん患者家族のお役立ちマニュアル ・さよならタマちゃん ・コミックエッセイ ちびといつまでも -ママの乳がんとパパのお弁当と桜の季節

■ほのぼの絵柄で読みやすい闘病漫画のお手本

『元気になるシカ! アラフォーひとり暮らし、告知されました』(藤河るり/KADOKAWA)

無料ためし読みはこちら

『元気になるシカ! アラフォーひとり暮らし、告知されました』(藤河るり/KADOKAWA)は…

2018/12/1

全文を読む

関連記事をもっと見る

元気になるシカ! アラフォーひとり暮らし、告知されました (メディアファクトリーのコミックエッセイ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

あん

アラフォー独身のBL作家さんが、「卵巣がん」と告知されて、卵巣・子宮全摘術と抗がん剤治療を受けた経験をまとめた闘病記です。同じ漫画家さんで闘病記を描いた武田一義さんの『さよならタマちゃん 』を思い出しました。治療のストレスというのは、患者本人が納得出来なくて、無理に治療をさせられていることを指しているのだと思います。作者さんは治療から逃げるのではなく、自らの意思で治療に立ち向かう覚悟を決めたことで道を切り開いていきます。その前向きさに思わず涙。藤河さんのご活躍を応援せずにはいられません。オススメです。

2017/05/28

ぶんこ

台湾旅行の為成田空港で入国審査も済んでという時に激しい腹痛で救急搬送。癌告知のアラフォー一人暮らし漫画家さん。ご自分をシカ(鹿)の絵で描かれているので緊迫感が薄れてはいますが、察するにあまりある闘病記。ここまで描ける精神力の強さに圧倒されました。入院・手術となるとまずはブログで同病者を検索して参考にしたくなるものです。この本はとても参考になる本でしょう。独り身では手術や入院は心許ないものですが、著者は周囲の人に恵まれていたのが救いでした。日頃のおこないの良さでしょう。続きも出たようですので読みたいです。

2018/08/15

hirune

突然ガンを告知され、よろけながら迷いながら歩んだ等身大の闘病記。ネットで読んでいましたけど、この本は買わなければ!と感じました。ぜひたくさんの人に読んでみてほしいです☆

2016/10/11

nana

検診に行かないといけないな…シカが可愛いです。

2016/10/16

はる

人はいつ病気になるか分かんないしね、、、 テキトーに励まされるような本じゃなく、あったことが淡々と書かれている実体験記だったので、とても読みやすく良かった

2020/08/02

感想・レビューをもっと見る