読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

Roman 冬の朝と聖なる夜を廻る君の物語 (下)

Roman  冬の朝と聖なる夜を廻る君の物語 (下)

Roman 冬の朝と聖なる夜を廻る君の物語 (下)

作家
十文字青
Sound Horizon
出版社
KADOKAWA/角川書店
発売日
2016-07-02
ISBN
9784041036051
amazonで購入する Kindle版を購入する

Roman 冬の朝と聖なる夜を廻る君の物語 (下) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

鳩羽

物語を探す双子の人形、その2点が朝と夜の地平線を無限に切り出し、誰かの人生として朝と夜の狭間にいる「彼」に観測させ続ける。「彼」は自分が生まれてくる物語に巡り会うことはできるのか。音楽アルバム「Roman」のノベライズ完結編というだけでなく、現在までに発表された楽曲間を繋ぐエピソードも盛り込んでいて、新たな外側を感じさせるSHをそのまま表現しようとした意欲作。それが読者やリスナーの現実と即繋がるかというと疑問も感じるが、読み物としては、楽曲では足りなかったところをしっこり肉付けされていて面白い。

2016/07/11

あけさと@ぷに

ノエル、ようやく君の物語がわかったよ。

2017/05/28

水瀬しあ

Romanのノベライズなのか、ヴァニスタのノベライズなのか…両方なんでしょうけど、個人的には分けて欲しかった気が。オチを持っていくというのは強いので、結局ノエルの物語だったような気がしました。それはつまりイヴェールの物語でもある、と言われればそうなのかもしれませんしそういうつもりなんでしょうけど、その辺りは好みと解釈の問題かな…。「天使の彫像」の、美を求めるオーギュストの心理描写が真に迫っていて、何かを得るには何かを捨てるしかないのだとやりきれない気持ちになりました。あれはきっと幸福でもあり不幸でもある。

2016/07/29

くろう

十文字てんてーが描くRomanの下巻。あれ、やばい。楽曲がうろ覚えになっておる…。女性陣がたくましく頼もしい。女性は凄いな。クロエの選択とノエルの幕間の物語。ノエル先生と小学生とのやり取りがなんか好き。ヴァニシング・スターライト…がわからねえ(; ・`д・´)勉強不足だなあ。1からききなおすか。

2016/07/23

伊早鮮枯

イヴェールよりもノエルが印象に残ったなぁ。そして突然のグラサンにくっそワロタ。陛下ェ...。しかしやっぱり残念なのはRomanではなくヴァニスタだ、これ……。

2016/10/25

感想・レビューをもっと見る