読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

バイオハザード ヴェンデッタ (角川ホラー文庫)

バイオハザード ヴェンデッタ (角川ホラー文庫)

バイオハザード ヴェンデッタ (角川ホラー文庫)

作家
深見真
出版社
KADOKAWA
発売日
2017-05-25
ISBN
9784041056189
amazonで購入する Kindle版を購入する

バイオハザード ヴェンデッタ (角川ホラー文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

サケ太

長い間戦いに明け暮れたクリスとレオン。二人は新たな敵の起こす事件解決に奔走する。各地で頻発する凶暴化事件。拐われた仲間。敵味方を判別できるB.O.W.。立ちはだかる武器商人グレン・アリアス。彼の過去。そして彼の復讐対象。それぞれがどこか似ていてどこか違う。世界はどこかがおかしいのか。続く悲劇。うんざりしながらも、受け入れて前に進むしかない。ゾンビ相手のアクションは勿論、対人での格闘戦は非常に燃える。バイオハザードの世界は深見真先生と非常に相性が良い。

2017/05/28

さといも

クリスにレオンとかたまらないでしょう。レベッカに嫉妬しちゃいそうだわ。バリーはどうしているんだろうなぁ。ガルシアの名前が出て来た時、うわぁと声が出てしまった。 でもまだ続きそう。楽しませて貰っているけど、戦い続けている彼らが可哀想になってきた。

2017/06/14

活字スキー

ゲームはほんの初期作しかやってないし映画もたまにTVでやるのくらいしか観てないけど、久しぶりに深見作品読みたいな~と思ったので。うん、徹頭徹尾揺るぎなく深見作品だわコレww殺し殺されゾンビ化してまた殺される、血と硝煙のニオイにむせかえるバイオレンスアクションを堪能。文学哲学からの引用を交えつつの銃撃戦も熱いがやっぱりクライマックスは肉弾戦のフカミン節が絶好調!手頃なボリューム、心地よいテンポで一気に読了。楽しかった。

2017/06/04

富士山やま

映画は3回観ました。本読んでからだと、より面白いですね~

2017/06/22

綺楽院 /kiraku-in

十分に楽しみました。

2017/07/29

感想・レビューをもっと見る