読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

緋色のシグナル 警視庁文書捜査官エピソード・ゼロ (角川文庫)

緋色のシグナル 警視庁文書捜査官エピソード・ゼロ (角川文庫)

緋色のシグナル 警視庁文書捜査官エピソード・ゼロ (角川文庫)

作家
麻見和史
出版社
KADOKAWA
発売日
2018-01-25
ISBN
9784041064542
amazonで購入する Kindle版を購入する

緋色のシグナル 警視庁文書捜査官エピソード・ゼロ (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いつでも母さん

品・蟲・轟・晶・森・磊・・文字フェチ!文書捜査官・鳴海理沙のスタートはここからだったんだ。国木田とのコンビが面白かった。が、これらの漢字からみえるものは・・ちょっと強引かな。「何人か死ななくちゃ、世の中の仕組みは変わらないんだ」そうかもしれない・・そうかもしれないけれど、その為に事故の再現って、人の死をあまりに身勝手だと思った。自分のそばに理沙のようなタイプがいたら、分かるまでちょっと時間が必要かも(汗)

2018/03/09

KAZOO

麻美さんの文書捜査官シリーズの2作目ですが、主人公が本庁に行く前の代々木警察署にいるときの出来事です。3つの殺人事件で文字がキーポイントになっています。私はそれよりもこの事件の元となったIT業界が本当にこんなにひどい職場なのかということをはじめて知りました。委託、再委託で期限どおりに仕上げなければならない、ということで品質はあとに置かれてしまうのでしょうか?まず品質ありきだと思うのですが。

2018/06/28

のり

「鳴海理沙」が開眼するきっかけになった事件。殺害された後さらに一部損壊され、謎の2文字が残される。それも立て続けに3件も…被害者達には共通点はあるのか?相棒となった「国木田」と共に特命班として事件を追う。一人の死がきっかけで動き出した事件。システムエンジニアの過酷な業務時間には衝撃を受ける。それにしても文字フェチ度合いが当時からハンパなかった。

2020/07/06

papako

文書捜査官シリーズ。これは前日譚なんですね。鳴海さんの前のめりな感じ、嫌いじゃない。犯行現場に残された赤い文字の謎。キャッチーなその謎よりも、残されたメモから辿る謎の方が良かった。文書捜査、ここからどうなる?3つ重なった漢字って『理義字-品字様』って言うんだ。この3つ同じ漢字って迫力あるよね。さてさてシリーズそのうち読みたいな。

2020/06/28

yu

Kindleにて読了。ドラマ化作品ということで。文字や文章に惹き付けられる女性刑事のストーリー。シリーズ読んでみよう。しかし、ソフトウェア開発の世界がリアルすぎて、リアルに業界にいる身としてはあるある感が💦しょうもない上司の下で働くとそうなるよねぇ。まぁ、私は速攻噛みつく派なので。

2018/05/04

感想・レビューをもっと見る