読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

黄泉坂案内人 思い出の向こう岸

黄泉坂案内人 思い出の向こう岸

黄泉坂案内人 思い出の向こう岸

作家
仁木英之
出版社
KADOKAWA
発売日
2018-10-31
ISBN
9784041069950
amazonで購入する Kindle版を購入する

黄泉坂案内人 思い出の向こう岸 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

14番目の月

シリーズものなのにここから読んだのが失敗だったのかどうしても話に入っていけず、はじめから読み直そうと思いました。

2019/04/10

キラ@道北民

シリーズ第4弾。誰かを思いながら、この世からあの世へ向かう魂の救済ストーリー。個々の話はいつもながらに切なくあっという間に読めたけど、速人自身の展開にはホントにいいの?それはみんなにとっていい事なの?と考え込んだ。彩葉も納得していないようだし、このまま本当に黄泉坂の妖になるとは思えないけどなぁ。もう少し納得いく最終巻を期待します。

2019/01/18

たんぽぽ

速人が美里と雪音を忘れていく…なんだか納得できないなぁ。

2018/12/06

小梅さん。

ハヤくんのあの結末は絶対に納得がいかない。 記憶をどんどん失うってひどいじゃない。 妻子の元に戻ってほしいと思っていた。 戻れないとしても、あれはあんまりだ。 彩葉も、他のみんなもきらいだ。 語られる、命を失った人たちのエピソードは どれも好きなんだけどね。

2019/02/24

蕭白

最後のお話は、これから・・・があるとすれば、どんな展開になって行くのか、少し不安にさせられるものでした。次があるのなら、ハッピーエンドを期待したいです。

2019/06/03

感想・レビューをもっと見る