読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

アウトサイダー 陰謀の中の人生 (角川文庫)

アウトサイダー 陰謀の中の人生 (角川文庫)

アウトサイダー 陰謀の中の人生 (角川文庫)

作家
フレデリック・フォーサイス
黒原 敏行
出版社
KADOKAWA
発売日
2018-12-22
ISBN
9784041070758
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

わずか15歳で大学進学資格試験に合格し、17歳でイギリス空軍に入隊、19歳で幼い頃の夢を叶えパイロット記章を手にしたフォーサイスは、世界を股にかけて活躍するジャーナリストに。
5カ国語を流暢に操り、ドゴール大統領暗殺未遂事件を間近で取材、旧東ドイツ国家保安省を欺きアメリカ空軍に協力し、第三次世界大戦の引き金を引きかけ、ナイジェリアで史上稀に見る悲惨な独立戦争に巻き込まれていく……。
イギリス、フランス、旧東ドイツ、イスラエル、旧チェコスロヴァキア、ナイジェリア。国境を超えて描かれる小説のような人生を初めて明かした衝撃作!

アウトサイダー 陰謀の中の人生 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ヨーイチ

大好きなフォーサイス。90年代は数年置きに大部の新作が出て、文庫落ちまで二年くらい待って読みまくった。当然好き嫌い、合う合わない、出来不出来はあるが「自分にとっての新作」を手にした時の期待感は相当なものだった気がする。現代史の確認にもなるので、結構再読も出来た。21世紀になっても健筆なのは超人的で、自伝といっても「枯れた感じ」が微塵もない。問題なのは自伝が面白すぎて「盛った感」が拭えない事で、この感覚は読了後も自分の中で処理出来ていない。祖父の逸話が冒頭に来るが、続く

2019/01/25

感想・レビューをもっと見る