読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

鬼神様はパフェの虜につき (角川ルビー文庫)

鬼神様はパフェの虜につき (角川ルビー文庫)

鬼神様はパフェの虜につき (角川ルビー文庫)

作家
久我有加
麻々原絵里依
出版社
KADOKAWA
発売日
2018-08-01
ISBN
9784041073414
amazonで購入する Kindle版を購入する

鬼神様はパフェの虜につき (角川ルビー文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しましまこ

ラブよりパフェの威力が!

2018/08/04

まふぃん

ほのぼのしていました。兎に角、美味しいパフェが食べたくなる。

2018/08/19

へへろ~本舗

美しいパフェ、見てみたい。食べるのはそれから!久我さん、あとがきでファンタジーは苦手みたいなこと書いてるけどちゃんとファンタジーになってましたよ。

2018/08/03

リリー

うーん、ルビー文庫だなぁ!という感じ。ガタイの良い男子がパフェを…という設定がドンピシャの方には良いのかも。

たろさ

作者買いです。好き。鬼神・桔梗丸×カフェでアルバイトする大学生・慶太。千年前に主・大嶽丸を裏切った鈴鹿御前にそっくりな慶太の元へ現れた桔梗丸だが、慶太の作ったパフェの美味しさの虜に。桔梗丸の「ぱふぇ」好きと、慶太が美人で剣術使いなのにの甘いもの可愛いもの好きを隠してるギャップに萌えます。今回の関西弁は桔梗丸。だんだん甘くなる二人の空気にこちらも照れる。剣に取り込まれた桔梗丸を呼び戻す言葉が「パフェ」というのも、この二人らしい。この後、三明剣をその身に取り込んだ慶太にも、変化がありそうだなぁ。

2019/06/14

感想・レビューをもっと見る