読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

異世界落語 (3) (角川コミックス・エース)

異世界落語 (3) (角川コミックス・エース)

異世界落語 (3) (角川コミックス・エース)

作家
朱雀 新吾
ゴツボ×リュウジ
深山 フギン
出版社
KADOKAWA
発売日
2019-12-28
ISBN
9784041091098
amazonで購入する Kindle版を購入する

異世界落語 (3) (角川コミックス・エース) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

池野恋太郎

イップクさんが無理矢理連れて行かれて連続で落語させられるとかけまして、コンビニに設置された灰皿と解きます。その心は、一服ぐらいさせてあげて下さい。

2020/03/04

ちいたけ

魔族が来たって落語。(笑)

2020/03/08

ぴいたん

オチがよかった 次巻も期待大!

2020/05/18

○○もへじ

これまではワリとのほほんとしてたけど、今巻では魔族が攻めてきた。イップクさんは相変わらず落語を続ける訳ですが、別に呑気にしているわけではなく「落語中に逝きたいなあ」と溢してまして、色々覚悟を決めての様子。 次巻では魔族の町マドカピアでの話になるようですが、マドカ→円→円楽?→エンラク→クランエ……。えーと、クランエ師匠?

2020/01/15

感想・レビューをもっと見る