読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

湯どうふ牡丹雪 長兵衛天眼帳

湯どうふ牡丹雪 長兵衛天眼帳

湯どうふ牡丹雪 長兵衛天眼帳

作家
山本一力
出版社
KADOKAWA
発売日
2021-02-26
ISBN
9784041108499
amazonで購入する Kindle版を購入する

湯どうふ牡丹雪 長兵衛天眼帳 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

タイ子

今回も人情味たっぷりの6話の短編集。経営の傾きかけた店を立て直そうと親が仕組んだとんでもない政略結婚。大店の息子に持参金たっぷりと婿に迎え、娘には十月十日は手を出すなと、優しい婿は娘に惚れ抜いてしっかり約束を守ろうとする。その陰で親がたくらむえげつない計画を長兵衛が見事に解決する「蒼い月代」。最終話の「突き止め」が好き。一夜干し店を営む家族が父親の急死を元にバラバラに。母親が溺愛する長男はまったくの役立たず。母親が買った富くじ2千両が大当たり。家族の運命は…。安政の大地震の前後、人々の生きる姿がまぶしい。

2021/07/08

Nazolove

やっぱり軽く江戸時代に行きたくなるときには山本さんの作品が一番だな、なんて思った。 捕物帖っていうよりは普通に江戸時代の風景が描かれた小説であった。 湯豆腐と上は来ずはいい話だったけどちょっと物足りないかなーなんていう感じの印象を受けた。 やっぱりこの方は短編よりも長編ものが似合ってるのかな、なんて思った。

2021/06/16

takaya

6編からなる短編集。6話の「付き止め」(宝くじの話)は特によかったです。それにしても山本一力氏は、時代小説家として初期のころよりずっと円熟してきた感じで、江戸時代の慣習、風俗などを背景に人々の心情を濃やかに描き出しています。傑作だと思います。

2021/12/11

ひさか

小説野生時代2019年2月号:蒼い月夜、6月号:よりより、10月号:秘伝、2020年2月号:上は来ず、7月号:湯どうふ雪牡丹、10月号:突き止め、に加筆修正して2021年2月角川書店刊。長兵衛天眼帳シリーズ二作目。湯どうふ雪牡丹はちょっとした謎が解けるところで終わっているが、その先の豆腐が八百善とまでは行かなくとも、江戸の料亭まで届く話にならなかったのかなと思いました。が、短編なのでここまでなのかも。やせ我慢、正味、呑み込みの一力節は健在ですが、短編だと少し物足りないです。

2021/06/15

garakuta@読書とゲームの愛好家

【図書館本】【速読】:幻聴の声によるとバーバサップ的な酔いどれ長屋風の短編集(意味不明)と聞こえてた。実際面白いしゲームのシナリオデザインの参考になると思う。

2021/12/17

感想・レビューをもっと見る