読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

けものみち(9) (角川コミックス・エース)

けものみち(9) (角川コミックス・エース)

けものみち(9) (角川コミックス・エース)

作家
暁なつめ
まったくモー助
夢唄
出版社
KADOKAWA
発売日
2021-09-25
ISBN
9784041118368
amazonで購入する Kindle版を購入する

けものみち(9) (角川コミックス・エース) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

KUU

どう考えても、駄ンパイアより花子ちゃんに無理やり突っ込むよなぁ。 タコ公爵も腹黒ゲスな割に常識語るなぁ。 花子ちゃんがエロ可愛いのは事実だが、確かに夜のプロレスは早いな。 カニングカッコウは邪悪認定していいと思う。 フェンリルはまだ憶えてるけど、あと一つの公爵は完全に記憶に無い。 ケモノであればおっさんでも問題ないのはさすがだぁ。どう考えても娘さんの方がいいだろ

2021/10/06

niz001

いつもに増して源蔵が気持ち悪い(ホメ言葉)。番外編はあそこじゃなくても良かったんじゃ…。

2021/09/24

蝉、ミーン ミーン 眠ス

コミックの価格が上がっても構わないから花子の真の姿が描かれる時は見開きドーン! カラーページドーン!で頼むぞ!

2021/09/25

sii-co

進行ペースは遅いが、なぜか前巻あたりから面白くなってきた気がする。

2021/09/25

感想・レビューをもっと見る