読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ピタゴラスと豆 (角川ソフィア文庫)

ピタゴラスと豆 (角川ソフィア文庫)

ピタゴラスと豆 (角川ソフィア文庫)

作家
寺田寅彦
出版社
KADOKAWA
発売日
2020-08-25
ISBN
9784044005887
amazonで購入する Kindle版を購入する

ピタゴラスと豆 (角川ソフィア文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

surucucu

関東大震災の1週間前から始まる「震災日記より」はこれだけでも読む価値があるのではないだろうか。 角川源義、鎌田浩毅2名の解説が合わせて23頁ありこれもなかなか面白い。その解説にあるように寺田寅彦の科学教育への思いが滲み出た作品が多く、今読んでも「おっしゃる通り」と呟いてしまう。

2020/11/30

Ban Harry

信仰の対立を哲学の共存と表現するところがすき

2021/02/11

cocolate

観たことのない時代なのに、景色が見えるようで不思議だ。観察眼が細部にわっているからなんだろうか。

2020/12/06

感想・レビューをもっと見る