読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ジュニア空想科学読本 (角川つばさ文庫)

ジュニア空想科学読本 (角川つばさ文庫)

ジュニア空想科学読本 (角川つばさ文庫)

作家
柳田理科雄
藤嶋マル
出版社
KADOKAWA/メディアファクトリー
発売日
2013-06-15
ISBN
9784046313256
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

タケコプターが本当にあったら、空を飛べるのか? かめはめ波を撃つには、どうすればいい? アニメやマンガでおなじみの現象を科学的に検証すると、オドロキの結論がみえてくる。とっても笑える理科の本!

ジュニア空想科学読本 (角川つばさ文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ソルティ

子供No.2が「おもしろかった!読んでみて!」とご機嫌で貸してくれた。アニメや童話の気になる疑問を科学的に考えてみる、ってことで、タケコプターを実現してみたらドラえもんの頭はコーンヘッドみたいになるとかハイジのブランコは乗るとジェットコースターより早く振り子運動してるとか、アンパンマンの頭は112kgになるからそれを投げるバタコさん、脅威の身体能力だとか、ほんとバカバカしくて笑える。まず実現は不可能、なんだけど、おおきなかぶは直列で引っ張らずみんなが葉っぱ1枚ずつ持って引っ張ったら、実現可能かもだって。

2019/06/02

あおい

読み聞かせの時間に6年生に紹介しました。知ってる子もたくさんいてちょうど同じ本を読んでると取り出して見せてくれる子も。息子は大好きなカービィの疑問が載っていて喜んでいました。

2017/10/22

紅花

小4息子、馬鹿笑いしながら夢中で読んでいる。それにしても、素朴なくだらない疑問に、科学的根拠に基づいた解説には脱帽です。

2017/02/21

ひじり☆

アルプスの少女マンガハイジのブランコ半端ない(笑)アンパンマンもデカイがそれを作り届けるジャムおじさんバタコさんがマッチョ過ぎる(笑)いちいち科学的説明を真面目にしていくのが面白い

2017/01/14

Hika

なにを大真面目にデコピン語ってんだよ!!笑

2015/09/21

感想・レビューをもっと見る