読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

星のカービィ デデデ大王の脱走大作戦! (角川つばさ文庫)

星のカービィ デデデ大王の脱走大作戦! (角川つばさ文庫)

星のカービィ デデデ大王の脱走大作戦! (角川つばさ文庫)

作家
高瀬美恵
苅野 タウ
ぽと
出版社
KADOKAWA
発売日
2021-07-14
ISBN
9784046321114
amazonで購入する Kindle版を購入する

星のカービィ デデデ大王の脱走大作戦! (角川つばさ文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

雪紫

「デデデ大王様がぐーたらしてるときが、プププランドのみんなにとって、いちばんしあわせなときなんです。だから、ぼくは、ぐーたらしてるデデデ大王様を、とっても尊敬しているんです」イスラム教的な星で旅行中、食い物泥棒の冤罪(!)をかけられたデデデ大王が真犯人を見付けるために脱獄奔走。それとともに、王様とは?の存在が問われる。歪んだ悪役やデデデ大王がある種の対比となっており、なんだかんだでデデデ大王が慕われるのと(なおメタナイツ評価はぞんざい)、カービィとは良きケンカ友達なのが良くわかる。見習うとこはあるよね。

2022/06/12

カズちゃん

娘にすすめられて。デデデ大王がなかなか良い「大王」だった。ゲームしかしたことなかったからカービィ達の一人称が新鮮でした。

2022/07/12

感想・レビューをもっと見る