読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

はぴはぴ くるねこ 6

はぴはぴ くるねこ 6

はぴはぴ くるねこ 6

作家
くるねこ大和
出版社
KADOKAWA
発売日
2020-04-30
ISBN
9784047360853
amazonで購入する Kindle版を購入する

はぴはぴ くるねこ 6 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ゴロチビ

最後の、小籠包の着ぐるみを着たポっちゃんがめっちゃ可愛い❤️です。ショーロンポっちゃん! この頃のシマ蔵さんは、まだオッサン臭があったんだなぁ〜。グラビアの変顔写真なんか見ると感じます。今はすっかり可愛くなっちゃったもんね。 グラビアと言えば、ムチムチの小籠包オレちゃんの勇姿も。ねぇねさんに打ち解けて甘えてるオレちゃん。つくづく、いい出逢いだったんだねぇ。今頃、ふっこふこでずっしりアンコの大大福になっているんだろうなぁ〜。

2020/06/06

FUU

今回はしんみり度が少なくてホッとした。オレちゃんっていう名前が好きだったけど大福に改名したのですね。貰ってくれる人が見つかったのはよかった。預かりさんって保護中に情が移って別れがたいなんてことはないのだろうか。

2020/09/23

アリーマ

読むたびふんわり癒されて、そしてちょっと悲しくなる。

2020/06/03

ひよりん

しまぞの親戚?の胡ぶんくんがついにもらわれっこに。くるさん家族以外の人間に攻撃的な姿勢を見せることもあって里親募集を見合わせていたのだけど、あずきちゃんのねぇねとお見合い成立。くるさんが野良から引き取った時は本当に不信感満載の表情だったけど、くるさんの家ですごすことで人間にもいい人はいるということを知ってくれたのかな。人間と比べると他の動物は何考えてるか分からないというけど、ずっと見てると違いが分かってくるの不思議。

2020/04/30

だいらかずよ

名言認定「猫にも名字が必要なんです」それってずっと一緒にいられる証だもんね!

2020/04/30

感想・レビューをもっと見る