読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

エロマンガ先生 妹と開かずの間 (電撃文庫)

エロマンガ先生 妹と開かずの間 (電撃文庫)

エロマンガ先生 妹と開かずの間 (電撃文庫)

作家
伏見つかさ
かんざきひろ
出版社
KADOKAWA
発売日
2013-12-10
ISBN
9784048660815
amazonで購入する Kindle版を購入する

「エロマンガ先生 妹と開かずの間 (電撃文庫)」の関連記事

「これは録画必須なやつ!」大人気ライトノベル『エロマンガ先生』アニメ化決定でファン悶絶

『エロマンガ先生 妹と開かずの間』(伏見つかさ、イラスト:かんざきひろ/アスキー・メディアワークス)

 義妹が実はエロマンガのイラストレーターだったという奇抜な設定で熱い支持を集めるライトノベル、『エロマンガ先生』が2017年4月よりアニメ化されることが明らかとなり、ファンからは「やっと来ました、エロマンガ先生アニメ化!! 超でっかい楽しみ増えた~!」「うぉっまじかーーー! これは録画必須なやつじゃん!」と大反響が上がっている。  同作は爆発的な人気を博したライトノベル『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』の作者である伏見つかさとイラストを務める「かんざきひろ」が再びタッグを組んだ作品だ。主人公の高校生ラノベ作家・和泉正宗には、一年前に妹になった引きこもりの義妹・和泉紗霧がいるのだが、ある時正宗は衝撃の事実を知る。彼のイラストを描いてくれるイラストレーター“エロマンガ先生”の正体が、なんと妹の紗霧だったのだ! 一つ屋根の下でずっと引きこもっている可愛い妹が、いかがわしいペンネームでエッチなイラストを描いていたことを知った正宗は――。  萌え要素満点の…

2016/10/11

全文を読む

関連記事をもっと見る

エロマンガ先生 妹と開かずの間 (電撃文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

とら

「俺妹」の著者の新作。前作よりもインパクトがある題名…いやこの場合、インパクト強すぎて逆に手に取らないのではないか…?(笑)いや、案外そんなことは無いのかもしれない…更にその逆効果を生むのかも。はい、でも少なくともそういった類の内容では無いことは最初に断っておきます。伏線はばんばん貼られているが、もう何となく予想はつく感じはするので。しっかりと意味のある題名なのだということは断っておきたい。…なんか読んだことを言い訳してるみたいになってるな(笑)正直また妹か…とは思ったけど純粋に面白かった。続きに期待!

2014/11/16

よっち

高校生兼ラノベ作家の和泉マサムネと、まったく部屋から出てこない一年前に妹になった引きこもりの義妹・紗霧。そんな彼女が担当イラストレーターの『エロマンガ先生』だったことが判明する兄妹ラブコメディ。周囲をやきもきさせながら絡んでいくめんどうくさい二人。エルフはエロマンガ先生を巡って正宗と勝負していたはずなのに、結果として別の重要な事実を本人に残酷にも突きつけられて、その裏ではエロマンガ先生が勘違いして努力していて、すれ違っていた二人は分かり合えたかに思えたのに、結果的にまたすれ違ってしまった今後が楽しみです。

2013/12/10

中性色

初めてこの人の本筋の作品を。さすがに一本仕上げたことのある作者だけに構成の仕方やキャラの活かし方とかはなかなかにいい。話の内容としては素直すぎるぐらいに素直なんだけど、ほとんどの作者はどこかで奇をてらうようなことをすることが多いし、だからこそ作者が残れた一因でもあるのかな。ただ、あくまで義妹にしたということはそういうことなんだろうなと思ったけど。キャラ的にはやっぱり狭霧かなぁ。

2015/04/02

Yobata

高校生ながらラノベ作家の仕事をしている和泉正宗は義理の妹の紗霧と二人暮らしだが、紗霧は一年をも部屋を出ない引きこもりだった。しかしある動画をきっかけに紗霧が自身の作品のイラストレーターだと判明する…。『俺妹』コンビの第二シスコン&ブラコン物語。新作の兄妹は、作家とイラストレーターという同じ業界で繋がりながらもリアルでは部屋から一歩も出てこないという筋金入りの引きこもりの紗霧を自分の意思で出そうとする正宗の兄妹。引きこもることも学校に行かないことも望んではいないけど否定もしないという優しさは前作の京介も→

2013/12/10

シータ

伏見先生の新作でしたが、今回もすごい面白かった。紗霧ちゃん可愛かったわー。妹を可愛く書ける天才やな。しかも今回は実妹じゃなくて義妹なので、これがどういう意味かわかっていますよ(ニッコリ)。前作以上にはっちゃっけちゃいましょう!俺妹と同じ展開で今回もひょんな事から妹の秘密を知って物語が始まるのですが、ラノベ作家の実情を描きつつ兄妹の絆もみられた作品で読んでてとても引き込まれました。エルフとのやりとりも結構笑えてよかったです。次巻も期待しております。

2016/01/31

感想・レビューをもっと見る