読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

青春ブタ野郎は迷えるシンガーの夢を見ない (電撃文庫)

青春ブタ野郎は迷えるシンガーの夢を見ない (電撃文庫)

青春ブタ野郎は迷えるシンガーの夢を見ない (電撃文庫)

作家
鴨志田一
溝口ケージ
出版社
KADOKAWA
発売日
2020-02-07
ISBN
9784049128505
amazonで購入する Kindle版を購入する

青春ブタ野郎は迷えるシンガーの夢を見ない (電撃文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

寂しがり屋の狼さん

『青ブタ』シリーズ第10弾【大学生編】📚️今回はスイートバレットの広川卯月ちゃんのお話しです(*^^*)大学生になって思春期症候群は過去のものになったかと安心していた咲太だが…お馴染みのメンバーに加えて自称友達候補の美東美織も登場して、これから面白くなりそうな予感o(*゚∀゚*)o今回は大学生編のプロローグみたいな感じでした。(*^.^*)

2020/05/17

むっきゅー

大学生編スタート。金沢八景にある横浜市立大学に進学した咲太、麻衣さん、のどか、卯月(今巻のヒロイン)。講義で知り合ったあらたな友人との関係や、後輩ちゃんと妹の現状など、1年半後の物語開始の導入部のような巻でした。そして、新たな思春期症候群に罹患したのは卯月。そして、高校生編での「牧之原翔子」のように、大学生編でのキーパーソンになるであろう「霧島透子」の正体に謎を残し、次巻に続く。横浜駅周辺や金沢八景、京急に東海道線とボクの生活圏に一致するため、景色が無駄にリアルにイメージできてしまった...。

2020/02/20

ponpon

シリーズ第10巻。本巻から舞台は大学へ移り、居酒屋での懇親会シーンから物語は始まる。本巻のヒロインは空気の読めないアイドル・広川卯月。彼女も自分が何者か分からず暗中模索の日々だったが、ある瞬間に自分の立ち位地に気付いてしまい…。大学生ともなるとクラスという狭い世界から解放され、視野も行動範囲も広がりますが、一方でアイデンティが未確立だと不安に苛まれるようになる。そんな若者の苦悶そして自分なりの答えを見いだす成長が描かれ、実に爽やかな青春小説です。正直、不安もありましたが面白さは増したかも。次巻も楽しみ。

2020/02/14

よっち

大学生になった咲太たちが新しくも穏やかな日々を過ごしていた秋口のある日、いつも天然なあの卯月が周りの空気を読んでいる姿に違和感を覚える第十弾。舞台が大学生に移っても麻衣さんと付き合っている有名人で、それでも何だかんだで上手くやっているんですね。新キャラも登場して相変わらず咲太の周囲は可愛いヒロインだらけですが、悩めるヒロインに寄り添い解決していく姿はもはやベテランの域で安心して読めました(苦笑)ただ新キャラも少しだけ謎めいていて、そして最後に物語のカギを握りそうな人物も出てきて、続巻早く出て欲しいですね。

2020/02/07

わたー

★★★★★積読消化。大学生編のスタート。今回はスイートバレットの不動のセンター卯月にまつわる思春期症候群。前回出てきた小学生の麻衣さん関連の話が来ると思っていたが、真打ちは後から登場するのかな?卯月編とは言いつつ、ヒロインたちの近況と、ヒロイン候補になりそうな娘たちの紹介にも紙面が割かれていたのも、これまでとこれからの両方が窺えて、自分的にポイント高い。以前の世界線では登場していなかった霧島透子も登場して、第二部の盛り上がりが益々期待できる。

2020/08/23

感想・レビューをもっと見る