読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ヤンカのにんぎょうげき

ヤンカのにんぎょうげき

ヤンカのにんぎょうげき

作家
どいかや
出版社
学研プラス
発売日
2012-11-06
ISBN
9784052036583
amazonで購入する

ジャンル

ヤンカのにんぎょうげき / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Kawai Hideki

女の子のヤンカが、犬のポチカ、ネコのミケカ、小鳥のピピカの前で人形劇を繰り広げるお話。元の名前はポチ、ミケ、と、和風なのに、最後に「カ」をつけるだけで、一気にロシア民話っぽくなるのが面白い。人形劇は架空のお姫様の話のはずだが、姫の名前はヤーンカ、その家来は、ポーチカ、ミケーカ、ピーピカで、ほとんど匿名になっていない。それなのに、怖い魔女のママンが出てきて笑える。娘にそんな風にdisられているとは知らない現実のお母さんは、オヤツを作って呼びかける。ヤンカは「誘惑には負けないぞ」と頑張るが…微笑ましい結末。

2015/09/20

momogaga

【大人こそ絵本を】人形劇の観客がいつの間にか全員演じる側に!?こんな経験してみたいです。

2016/10/16

図書館本/そしてお客さんは誰もいなくなった…ママンカの甘~い誘惑には勝ち目なしですね♪つづきは夢の中かな(^^)

2021/02/19

ベーグルグル

どいかやさんの絵は大好き。みんなのために人形劇をしようとしたけど、いつの間にか皆でやっている。皆でするのが一番だね。そしてオヤツも最強。

2015/01/30

いっちゃん

聞いてた娘から、可愛い~ってため息。ほんと、優しい色使いで、かわいかった。

2015/12/03

感想・レビューをもっと見る