読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

大陸と海洋の起源 (講談社学術文庫)

大陸と海洋の起源 (講談社学術文庫)

大陸と海洋の起源 (講談社学術文庫)

作家
アルフレッド ウエゲナー
竹内均
出版社
講談社
発売日
1990-01
ISBN
9784061589087
amazonで購入する

大陸と海洋の起源 (講談社学術文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

sekaisi

実読時間7時間 ウェゲナーがなぜ大陸移動説にたどり着いたのか、有名な地形図からのヒラメキをもとに、地質学、化石学、古地磁気学、生物学などから明らかに。ミミズの分布説には妙に納得。世界の主要地名がインプット。

2014/12/21

寺内町亭小天狗

蒼い地球は、一つの大陸であった。それが徐々に大陸は分裂してきた。その謎を解く鍵は、プレートにあることを著者は「大陸移動説」を唱えた。東京大学名誉教授である、科学雑誌「Newton」初代編集長・竹内均氏が、原書を全訳し、補足と解説した名著です。世界地図の大陸を、じっくり眺めてみましょう。

ゆうちゃん

パンゲアという超大陸が分裂して、現在の大陸構図に至る。ロマンティックな話だが、そのメカニズムを物理学、地質学などの科学的考察により証明している。

2013/05/11

感想・レビューをもっと見る