読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

氷川清話 (講談社学術文庫)

氷川清話 (講談社学術文庫)

氷川清話 (講談社学術文庫)

作家
勝 海舟
江藤淳
松浦 玲
出版社
講談社
発売日
2000-12-08
ISBN
9784061594630
amazonで購入する

氷川清話 (講談社学術文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

T2y@

時代劇専門チャンネル NHK大河「勝海舟」キッカケで。 維新期の志士では、西郷南洲への評がずば抜けて高く、歴史上全体で捉えても、北条義時、早雲、足利義満、南海坊天海と続き、名よりも実を取る人物を買っていた様だ。 後半は、日清戦争期における伊藤博文ら明治政府の首脳達へ批判・反論が続きやや食傷気味。 …と、ここまで読んで、まさかのあとがきでは、リライト(原著者)吉本氏への凄まじい批判。 今回の編纂により、勝の真意に一段近づけたとあるが如何に。 本人の言葉だと読み進めたが、釈然としない。勝だ!喝‼︎

2016/03/21

ビィーン

徳川幕府が崩壊し時代が大きく変化する中、大事業を成し遂げた勝海舟。べらんめえ口調の歯に衣着せぬ語りが勝海舟の豪傑な人柄像を浮かび上がらせる。とにかく面白い。本書は幕末好きには堪らないだろうね。

2017/12/31

たかしくん

明治30年頃の勝海舟が、明治維新の生き証人宜しく当世のご意見番いや小姑として、忌憚なく語る随想録。まぁ自慢話もあったりで、盛っているでしょうが(笑)。特に人物評や時局の批判は、今なお痛快です。当時もあった三陸海岸の津波での政府の対応にも、ちくりと差してますね。それにしても色々な方と面識があったんですね。まさか、二宮尊徳や高野長英とも時代も被っているとは!そのプライドの高い勝さんが諸手を挙げて賞賛する西郷さん。今なお氏の人物/功績に賛否両論はあるだけに、そこには常人ならぬオーラがあったとしか思えない。

2019/03/22

D

勝海舟の談話をまとめた1冊。非常にざっくばらんな語り口。特に163頁の「時勢は、人を造る」という言葉が印象的。「時勢」という単語がほかの章でも何回も使われているので、この章がこの談話の根幹にあるような気がする。

2016/05/03

naoudo

勝海舟の談話。幕末明治維新を生き抜いた幕臣が新聞などのインタビューに応えた言葉。 生死を賭けていた時代の切迫感が伝わってくる。 江戸城の無血開城を成し遂げた時の西郷隆盛とのやり取りが面白い。勝は西郷を高く評価している。歴史上の大人物、偉業を成し遂げる者とはどういう人間なのかが語られている。勝の言葉は沢山残されていて中には間違ったものもあるらしい。伝説上の人物といきがして面白い。

2014/08/22

感想・レビューをもっと見る