読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

天才! 成功する人々の法則

天才!  成功する人々の法則

天才! 成功する人々の法則

作家
マルコム・グラッドウェル
勝間和代
出版社
講談社
発売日
2009-05-13
ISBN
9784062153928
amazonで購入する

天才! 成功する人々の法則 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

マエダ

もう少し唸らせるようなものが欲しい。

2016/11/26

harass

原題はOutliers、統計でいう外れ値のこと。桁外れの成功を収めた人の考察。どんな技術でも習熟に一万時間が必要とネットで読んだことがあるが、この本が元のようで、読み出すと少し印象が違う。天才とされる人間もその人だけの能力や努力だけで才能を伸ばしたのではなく、環境、時代文化も不可欠な要因でもあるという。好機といえる偶然な出来事がその人の才能を伸ばせた原因であるといい、その豊富な例を紹介。語り口や視点に感心。名前だけ知っていた著者だったが侮れない。なかなか楽しめた読み物だった。

2018/05/01

HoneyBear

すごく良い。曰く、「生まれつきの天才」など見つからず、「頂点に立つ人物は…圧倒的に沢山の努力を重ねている」。努力してトップランクに入れなかった「がり勉屋」は見つからなかったと。勉学、芸術、スポーツ、仕事の全てに当てはまるだろう。とは言え、然るべき環境がないと殆どの人は一万時間以上をかけて打ち込む対象と情熱を見つけられないままに育ってしまう。私も残念ながら「手遅れ」だ。しかし、子供たちには出来るだけの機会と動機を与えられればと思う。勝間氏の訳出にも奮闘が伝わる。拍手。

2014/01/06

みゃーこ

「成功は異例のものでも謎に満ちたものでもなく複雑に編みこまれた優位性と、彼らが受け継いだ遺産から生まれる。つまり、天才は最初から天才だったというわけではなかった」そのことを証明する様々な事例を盛り込みながら物事の裏に隠れている法則性を見事にまとめている。成功は資質に依るものだけではないという、それを開花させる土壌が必要だったことは私にとって改めて驚愕の事実に触れた気分だ。土壌を耕すこと、またそれに「気づく」力を養っていきたいと思った。

2012/11/19

Maiラピ

とにかく面白い!目からウロコ的内容。新しいモノの見方や考え方をゲット!?特に7章の『空港機事故の民族的法則』は衝撃的で、夢にまで見てしまったw私たちはみんな、良くも悪くも“文化的遺産”を背負っている・・・なんて怖い!成功のファクターは“個人の資質”だけでなく、周囲の環境や時代、文化・歴史、そしてギフト・好機である、でも、やっぱそれも一万時間続ける根気がなくちゃ!訳者の勝間氏曰く、アメリカでは知的なビジネス・パーソンは必ずこの本を読んでいる社会現象的本、子どもにより多くの機会を与えたい方へおススメらしい。

2012/06/12

感想・レビューをもっと見る