読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

空の境界(上) (講談社文庫)

空の境界(上) (講談社文庫)

空の境界(上) (講談社文庫)

作家
奈須きのこ
出版社
講談社
発売日
2007-11-15
ISBN
9784062758925
amazonで購入する Kindle版を購入する

空の境界(上) (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

けい

2年もの長い昏睡状態から目覚めた少女「式」。しかし彼女には以前の自分とは違う自己が存在した。全体の世界観が正にアニメ向き。主人公のカッコ良さ、アクションシーンのめまぐるしさ、死と生が共存するような荒涼たる感覚。上巻だけではもう一つ掴みにくい世界観。アニメ見るとわかりやすいだろうがイメージが固定されるのも?とりあえず先へ読み進めよう。

2014/06/12

小早川彰良

サブカルチャーや同人誌はおろか、SFや伝奇等の小説の区分すら知らなかった頃、図書館で出会った本。死の線が見える少女、式を主人公に登場人物がとにかく魅力的な一冊。雪の降る日が好きになったきっかけ。

2018/02/23

いおむ

非常に好きな作品の一つではあるが、まだ上巻は文章がこなれてなく、多少読みにくさがあったように思う。だが加速度的に面白くなって行く

2015/11/06

黒猫

たまたまアニメ版の戦闘シーンのみを見る機会があり、「何これ、かっこいい!(しかも音楽は梶浦由記!)」と一目ぼれ。アニメ版を見たくて仕方がなかったのですが、原作を読むまではと我慢・・・。上巻だけでは謎だらけですね。中・下巻でどのように読者をすっきりさせるのか・・・、期待しましょう。さぁて!これでやっとアニメ版が見られるっ(笑)

2011/12/27

ダージリン

ノベルズ版で出た時に読んでて、途中で時系列で混乱して挫折しました・・・。今なら読めると思うのですが、友人いわく「こういうのは、一気に読まないと」 確かに(笑)。今読むと、なかなか良いものです。時系列と視点に注意しつつ、次へ♪

2012/01/06

感想・レビューをもっと見る