読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

人を動かす、新たな3原則 売らないセールスで、誰もが成功する! (講談社+α文庫)

人を動かす、新たな3原則 売らないセールスで、誰もが成功する! (講談社+α文庫)

人を動かす、新たな3原則 売らないセールスで、誰もが成功する! (講談社+α文庫)

作家
ダニエル・ピンク
神田昌典
出版社
講談社
発売日
2016-03-18
ISBN
9784062816564
amazonで購入する

人を動かす、新たな3原則 売らないセールスで、誰もが成功する! (講談社+α文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

混沌

文庫本も出てたのね。 単行本の感想。 PC版 https://bookmeter.com/reviews/31519417 スマホ版 https://i.bookmeter.com/reviews/31519417

まつもとそうま

この本には、人を動かす方法が具体的に書かれています。 「人を動かす」というと、なんとなく一昔前のセールスマンのようなイメージを抱かれるかもしれません。「言葉巧みに相手を翻弄し契約に結びつける」そんなイメージかもしれません。 しかし、むしろ本の中では、「どんどん情報がオープンになっていく社会の中でこのようなセールスは続かない」と否定しています。買い主と売り手の情報格差が減ってきた中、どういった方法で顧客にアプローチしていくべきなのか。そういった方法がこの本には書かれています。

2018/06/06

知人から頂いた本。ダニエル・ピンクなる作家は全く知らなかったが、数多の研究・論文の引用に裏打ちされた彼の主張には納得。「人を動かす」と言えば某カー○ギーの著書を彷彿とするが、本作はあの本の様に俗人的な体験談の羅列から帰納される曖昧な原理原則ではなく、具体性を帯びた実用的な助言であると感じた。現代はTo sell is humanだそうで、セールスという具体的な行動から人生まで派生して話を拡げて書いてくれていたので飽きることなく読破できました。

2018/07/01

Shoteeta

邦題の「人を動かす、新たな3原則」なんてキャッチーなタイトルになっていると、それこそ上から目線の"売り手に気をつけろ"な気がしますが、内容は流石ダニエル・ピンクといった感じで他の本同様に本当に良く調べ上げられており、非常に示唆に富む内容だと思います。人に動いてもらいたい時、どのような姿勢や態度で臨めばよいか、この本を読めばテクニック含めて理解することが出来ます。

2018/01/07

松本義和

セールスの本はたくさんある中で、これも参考になります。私にとって参考になったのは、6種類のピッチを練習する、というところと、要となる3つの質問に答えなければならない、というところでした。

2017/06/03

感想・レビューをもっと見る