読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

スカーフェイス 警視庁特別捜査第三係・淵神律子 (講談社文庫)

スカーフェイス 警視庁特別捜査第三係・淵神律子 (講談社文庫)

スカーフェイス 警視庁特別捜査第三係・淵神律子 (講談社文庫)

作家
富樫倫太郎
出版社
講談社
発売日
2018-08-10
ISBN
9784065125601
amazonで購入する Kindle版を購入する

スカーフェイス 警視庁特別捜査第三係・淵神律子 (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

GAKU

以前取り逃した犯人に切られた傷跡が頬にあるため、スカーフェイスと呼ばれる女性刑事が主人公。男勝りの腕っ節で、同性愛者で看護師と同居。しかも過去の事件のストレスでアルコール依存症。追うは「ベガ」と呼ばれる連続殺人鬼。組まされる相棒は、年下でひ弱な新人刑事。とは言え彼はバリバリのキャリア出身で、役職は彼女よりも上。という盛りだくさんな設定。私が好きなシリーズ「SRO―警視庁広域捜査専任特別調査室」と同じ作家さんなので手にとってみました。中々面白かったので、引き続き第2作も読んでみます。

2020/06/19

JILLmama

富樫さんの書く女性刑事もの、面白いんだよねぇ。 主人公がバイオレンスな、ぶっ飛んだアル中って... 顔に犯人につけられた傷があって、レズビアンで... かなりキャラ設定が濃いのだけど、いつもながら スピード感ある文章でイッキ読みしました。 犯人はある程度で分かっちゃったけどね。

2019/05/21

Junichi Yamaguchi

『世の中は公平でなければならない』… 新シリーズになるのかな⁈ かなり特徴のあるヒロインと登場人物たちの様々な因縁。 つかみはオッケーといったところ。 次作への期待が高まる。。

2018/09/16

koba

★★★☆☆

2019/06/25

むつこ

今回の犯人もすごいサイコパス。で、SROシリーズに雰囲気が似ていて、サイコパスの変人の身勝手さに呆れながらも続きが気になって一気読み。律子の平穏さより景子の幸せを祈りたくなるシリーズ3作目。

2020/06/07

感想・レビューをもっと見る