読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ダンゲロス1969(2) (ヤンマガKCスペシャル)

ダンゲロス1969(2) (ヤンマガKCスペシャル)

ダンゲロス1969(2) (ヤンマガKCスペシャル)

作家
横田卓馬
架神恭介
出版社
講談社
発売日
2018-11-20
ISBN
9784065134436
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

『戦闘破壊学園ダンゲロス』架神恭介&横田卓馬が描く新たなDANGEROUS! 魔人、それはトンデモナイ異能力を持つ存在。 二丁拳銃(ちんことピストル)vs.女子中学生のおしっこ! 人間の体液を操る魔人同士が衝突。強いのは一体どっちだ!!その死闘の果てに、咲き乱れる新たな女の子! 「楽しいこと、しようよ。」笑顔で武装闘争をーー。

ダンゲロス1969(2) (ヤンマガKCスペシャル) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ガスキー

出てくる刑事の能力者が尽くシモに走ってる能力なのは発言した時代に関係あるんですかねェ・・・尽く使いようのないような能力でも、使い方次第ではめちゃくちゃ凶悪な能力になるってのがたまらなく面白いッスネ。

2018/11/27

毎日が日曜日

★★★

2018/11/24

エピ

ユキミの能力って汎用性高いしやっぱりクソ強いよね……

2018/11/27

坂津 / TT

精液とおしっこのバトルから幕を開ける『ダンゲロス1969』第2巻。『戦闘破壊学園~』の方よりも下ネタ寄りかつバトル向きの能力が多いような。粘性の高い体液で顔を覆われたり、喉に一物を突っ込まれる場面は迫真めいていて、漫画を読んでいるこちらまで息苦しくなってしまう。三者三様の魔人学生団体と相対する魔人公安、それらの組織に属する人模様の描き方が相変わらず巧みで、話の続きや公開されていない能力の詳細が気になる構成。まさに「下品度を高めた『HUNTER×HUNTER』」というイメージ。来年3月発売予定の続刊も期待。

2018/11/24

からすやま

1巻では、一般人相手に何の意味があるのかわからなかった、清水一物のちんこ銃。これが能力者とのバトルでは実弾銃よりちんこ銃のほうが有効、というシチュが続いて笑う。ちんぽには勝てなかったよ…!

2018/11/20

感想・レビューをもっと見る