読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

スピ☆ヲタ子ちゃん(3) (ヤンマガKCスペシャル)

スピ☆ヲタ子ちゃん(3) (ヤンマガKCスペシャル)

スピ☆ヲタ子ちゃん(3) (ヤンマガKCスペシャル)

作家
伊藤三巳華
出版社
講談社
発売日
2019-01-18
ISBN
9784065141564
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

「スピ散歩」「視えるんです」などの霊感エッセイ漫画でおなじみの伊藤三巳華がスピリチュアルでヲタクな少女時代をセキララに描く。夜は毎晩のように金縛りや幽体離脱、そしてオバケの襲撃にあい、昼はアニメイトに入りびたるミミカの波乱万丈ながら楽しい毎日…は、ミミカが16歳になったある日、母の一言で激変。家を追い出されてひとりで生きることになったミミカが辿り着いたのは、競馬場の調教師見習いの仕事だった!

スピ☆ヲタ子ちゃん(3) (ヤンマガKCスペシャル) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ラルル

なんとまさかの最終巻…にして、大荒れの巻。何とも色々と切ないお話が多かったです

2019/02/22

chatnoir

ママンは言った...「もう16歳なんだから一人で生活しなさい」。ホームレス中学生の「解散」も衝撃だったけど...差別はしちゃいけないけど、あっちは男の子だ。よくぞ生きていてくれたなぁ...たぶん死んでいても(殺されていても)おかしくない状況だったと思う。この人の漫画の登場人物の目が虚ろなのはそう言う経験からなのかもね。ネグレクトな親、集まって来る友達ではない人達、怖いね。心霊現象よりずっと怖い。今は自分の家族が出来て良かったね...お幸せに。

2019/01/26

tow

面白かった。と言っていい青春ではなかった三巳華さん。視えるとかはむしろ関係ない青春←青春なんて甘いものは存在していない。お母さんの思い切りの良さが素晴らしい。

2019/01/18

じょり

著者の色んな作品を読んできたが、こんなに過去をさらけ出しているのは初めてと思う。でも自分で周りの優しさに気付いて変わらなきゃって思えたのはすごい。それを考えると俺はまだまだ意識がガキのままだなと恥ずかしい。

2019/02/05

フロッグ

伊藤さん、波乱万丈だったんですね。厩務員の話は泣いてしもたー。

2019/02/03

感想・レビューをもっと見る