読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

私たちはどうかしている(9) (BE LOVE KC)

私たちはどうかしている(9) (BE LOVE KC)

私たちはどうかしている(9) (BE LOVE KC)

作家
安藤なつみ
出版社
講談社
発売日
2019-04-12
ISBN
9784065150931
amazonで購入する Kindle版を購入する

私たちはどうかしている(9) (BE LOVE KC) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

みやしん

老舗VS新進気鋭店の形を借りた姑VS嫁。ここまでの疑問点はこの五点①二人の籍は今②子供は流産したのか③旦那の実の父親は誰か④妊娠は虚言か⑤最後の仲居何者。…さあ焼け木杭に火がつく展開か?お髭の人は無毛になると個性も減った。

2020/08/26

しなぷす

城島くん~久しぶりにちゃんと出てきてちょっと嬉しかったのに、なんで栞さんを煽っちゃったの!?わざとじゃないだろうけど、栞さん面倒な方向に動いてきたじゃん!絶対に妊娠とか嘘だよね!?栞さん闇落ちしてる目してて怖い。多喜川さんが助けるシーンは泣いた。七桜は途中死にそうになって、そこまでツラい思いをしてきたのに、椿を前にすると色々揺らいじゃうのか~と思った。思い返せば、最初も復讐で近づいてたけど、後半は愛があったもんな~あれは愛だった。七桜はすごく真面目で優しい子だから、正攻法で頑張ってほしい!

2019/04/13

punto

かなりの昼ドラ展開。多喜川さんが、ヒロインの相手役候補的発言をした時からひげがなくなっているのに申し訳ないが笑ってしまいました(汗)。ヒロインは挑んでいくけれど、ヒーローの母とか婚約者とかも苦しむわけで、結局煮え切らないヒーローとその父が元凶な気がしてきてしまった(汗)。

2019/04/18

めぇ

2人の再会、そしてまた接近…?そんな予感を残しつつ、またもや最後に爆弾投下。そんなはず無いだろ、けれども女将が嬉々として動き出すんじゃないか…?本当にこの話は毎回不安を残して終わらせてくれるなぁ:(;゙゚'ω゚'):

2019/04/17

みきかなた@灯れ松明の火

自分の店を持ち光月庵に復讐を企む七桜。椿と対立しながらも徐々に近づいていく。誤解が早く解ければいいのに。

2019/10/09

感想・レビューをもっと見る