読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ながたんと青と-いちかの料理帖-(4) (KC KISS)

ながたんと青と-いちかの料理帖-(4) (KC KISS)

ながたんと青と-いちかの料理帖-(4) (KC KISS)

作家
磯谷友紀
出版社
講談社
発売日
2020-02-13
ISBN
9784065186220
amazonで購入する Kindle版を購入する

ながたんと青と-いちかの料理帖-(4) (KC KISS) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

フキノトウ

どんどん惹かれ合う二人。読んでいて顔が緩む。周が養子みちやを可愛がっている姿が意外。

2020/10/19

ゆり

バリエーション豊富なマドレーヌがおいしそう!いち日さんは苦労ばっかりだけどそれでも料理している姿がいつでも楽しそうで輝いているのが素敵です。周さんもどんどん違った表情を見せてくれるようになってきました。なんというか上手くいかないな……誰のせいでもないのだけど。年が近いのもあっていち日さんに一番感情移入してしまいます。想い人がいるはずなのにもやもや……という彼の心境の変化がこれからどうつながってゆくのだろう。そしていち日さんおいしそうにお酒飲むなあ。

2020/03/29

らなん

面白かった。昭和20年代、実家の老舗料亭ため、ホテル料理人をやめた34歳の女性。見合いで結婚した19歳大学生と共に、色々なアイデアで立て直しをしていく。料理の絵も美味しそう。年の差婚の2人の行方も気になるところ。

2020/07/02

妹尾

周よかったね 

2021/05/01

かなっち

やっと2人の距離も前進が見られましたが、まだまだ夫婦には程遠いですね。周の想い人が分かっても、嫉妬もせず平然としてるから難しいでしょうか…。でも、周の方は色々グルグルしてそうで、期待大な感じがしますが。それはさておき、バレンタインって、こんな風に広がったのかなと面白かったです。

2021/04/06

感想・レビューをもっと見る