読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

霊視刑事夕雨子1 誰かがそこにいる (講談社文庫)

霊視刑事夕雨子1 誰かがそこにいる (講談社文庫)

霊視刑事夕雨子1 誰かがそこにいる (講談社文庫)

作家
青柳碧人
出版社
講談社
発売日
2020-07-15
ISBN
9784065202067
amazonで購入する Kindle版を購入する

霊視刑事夕雨子1 誰かがそこにいる (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しんたろー

『むかしむかし~』がアイデア勝利で面白かった青柳さん…第二弾を予約中だが、最新のシリーズと聞いて本作から先に読んだ…幽霊と交流できる所轄刑事・夕雨子と捜査一課から左遷されてきた女刑事・野島とコンビで事件を解く短編集。 何処かで読んだかの設定でラノベチックではあるがミステリと人情のバランスが良く、気軽に楽しめた。主役二人と各話のゲストの心情はソコソコ描けているので、テレビドラマに向いた内容とも思えた。惜しむらくはレギュラー的な周囲の刑事たちが記号的表現で終わっている点。1作目だから仕方ないと思って2に期待♬

2020/09/18

ゆみきーにゃ

感想書いたのに消えてる( ; ; )すっごく期待して読みましたが期待以上に面白くて一気読み。途中、夕雨子の表記が優子になっており集中力が切れてしまったのが残念。次作も買わなくちゃ!

2021/03/20

はつばあば

近頃霊視や霊能と霊にまつわる刑事モノばかり読んでいる(^^;。霊が身近となってきたのか(#^^#)。想い残しや恨まれる老後とは縁のない暮らしをしたいが、これだけは相手がいるものだからなんとも言えない。思わぬ災いを呼ぶかもしれない。思わぬ別れに合うかもしれない。刑事と災難にだけは縁の無い人生を送りたい。?お巡りさんには一旦停止で2回程お世話になった事はありますが刑事さんは無いんです(#^^#)。新人刑事夕雨子と先輩刑事野島のコンビまだ続くようですが・・。現実の未解決事件を霊視してもらえたらもっといいのにねぇ

2021/01/18

坂城 弥生

殺人事件とか起こるけど、それよりも霊となった被害者との交流や事情が詳しく描かれている作品だった。

2020/09/23

ツバサ

霊と会話できる有雨子が例が抱えるなぜ死んだのか、やり残したことなどを追っていくミステリー。それぞれの話ごとに読みごたえが違っているのが良いし、キャラも立っていて読みやすい。シリーズ化していきそうなので楽しみです。

2020/11/24

感想・レビューをもっと見る