読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

フラジャイル(18) (アフタヌーンKC)

フラジャイル(18) (アフタヌーンKC)

フラジャイル(18) (アフタヌーンKC)

作家
恵三朗
草水敏
出版社
講談社
発売日
2020-08-21
ISBN
9784065205402
amazonで購入する Kindle版を購入する

フラジャイル(18) (アフタヌーンKC) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

buchipanda3

今回は弁護士が絡む話。しかも岸先生があんな状況に…。これは先を読むのに思わず感情的になってしまいそうだ。ただ、そこに現れた新キャラ。いやあ確かにあのBGMが流れてきそう。そして二人が並んで立つと、あわわわ、ぐいぐいきそう。岸先生の論理が果たしてあの世界に通じるのか。読むのが怖い。が、目が離せない。岸先生が昔の森井くんに丁寧に真剣に諭す場面が印象的。にしても岸先生と森井くんは最初から相性が良かったんだなあと。そしておまけコーナーを読むと、宮崎先生と岸先生は最初からあれだったんだなあと思った。

2020/08/23

くりり

医療訴訟編、 弁護士にしかわからぬ裏事情、遺族の目的は金、それに手を貸す弁護士、臭いものに蓋をする院長、 四面楚歌の岸先生

2020/12/17

ネギっ子gen

「医事紛争編」ありゃ大変。岸先生、3年前の案件で訴えられちゃった! その当時の森井技師と岸先生の会話が良かった。岸先生が語ったこと。「知識は正しく使ってください。半端な物言いは怪我の元です/『後医は名医』といいます。『なんであの時わからなかったのか?』そんなことを考えるのは、答えを知った後で考え、自分が外野にいる自覚もないからです。どんな名医も、最初は何もわかりません。所見を頼りに疑い、病名を付けて治療が効けば、初めて正解となります。違ったなら、新たに追加された所見で、診断を見直す」。これの繰り返しだと。

2022/06/25

wata

四面楚歌の岸先生…。弁護士にしかわからぬ事情。餅のことは餅屋に聞けってことでしょうが、な~んかお金ばかり高くてヤな感じ。

2020/12/12

にゃあ

新シリーズは「医療訴訟」ですかぁ。今年のコロナ禍では医療と経済は仲が悪いことを実感した訳ですが、法廷という特殊な空間で医療がどんな立ち位置たりうるか、今後の展開に期待。ぼっち技師・森井くんの成り行きもわかって納得。さて次巻、諸悪の根源!? は出てくるのか。デデンデンデデン!

2020/08/26

感想・レビューをもっと見る