読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

赤ずきんチャチャ 9 (集英社文庫(コミック版))

赤ずきんチャチャ 9 (集英社文庫(コミック版))

赤ずきんチャチャ 9 (集英社文庫(コミック版))

作家
彩花みん
出版社
集英社
発売日
2006-08-10
ISBN
9784086184250
amazonで購入する

赤ずきんチャチャ 9 (集英社文庫(コミック版)) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

美亜希

最後はやや方向性を見失ったまま終わった気もするけど。概ね満足。いやぁ、今でもこんなに笑えるなんてホント、この漫画凄いわ。多分、今やってても色んな意味でウケたかもなぁ。

2010/11/15

kujira

「そういえば『赤ずきんチャチャ』の終わり方を私は知らない」というところから文庫版を集め、そして読んでみた流れも最終巻(正確に言うと更に続編みたいなのも出てるらしいことは知っているけど!)、そしてその最後を読んでみた感想は「こ、こんな『俺たちの戦いはこれからダゼ☆』的な終わり方だったなんて……!」。いや、でもなんていうかこういうわちゃわちゃギャグの終わり方としてはとてもいい着地点であるように思う。幼少期に読み耽った面白いマンガ、の終わり方としていい終わり方だったんじゃないかな。

2021/12/12

猫冶

すごく懐かしい。大人になってのそれぞれがとてもらしかった(笑

2009/06/19

Rif

凄く懐かしかった、あとしいねちゃんのその後にはちょっとびっくり。

2009/04/13

ならまゆ

最終回はさすがに覚えてなかったぁ。セラヴィーとどろしーちゃん·チャチャとリーヤが結婚したんだぁ~。漫画読んでたらアニメの動いてるリーヤをみたくなった。慎吾くんが声優してたから、どんなだったかなぁ。と

2017/06/25

感想・レビューをもっと見る