読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

この恋は、とどかない (集英社オレンジ文庫)

この恋は、とどかない (集英社オレンジ文庫)

この恋は、とどかない (集英社オレンジ文庫)

作家
いぬじゅん
飴村
出版社
集英社
発売日
2021-05-20
ISBN
9784086803854
amazonで購入する Kindle版を購入する

この恋は、とどかない (集英社オレンジ文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

よっち

恋なんてしない、と思っていた高2の陽菜。クラスメイトの和馬から頼まれて、彼と「ウソ恋人」になるものの…その矢先、高校の廃校が決まってしまう青春小説。ウソ恋人として一緒に過ごしてゆくうちに和馬の意外な一面をたくさん知っていって、いつの間にか惹かれていたことを自覚する陽菜。親友・蓮司を大切にする和馬、そして蓮司の事故をきっかけに和馬のある秘密に気づいてしまう展開でしたけど、複雑な想いを抱える登場人物たちが切ない恋をしながらも、それでも大切な人たちのために真摯に向き合おうとする姿がなかなか印象的な物語でしたね。

2021/06/29

ag0514@だが断る👼

☆☆☆★ 恋に興味がないというクラスメイトの和馬から頼まれて、ウソ恋人なる陽菜。タイトル通りの内容でした。どんでん返しもなく、全体的に散漫な印象。エピローグの「さよならゲーム」のシーンは、良かった。

2022/06/28

まめもやし3

こういう系の恋愛は、なかなか難しい。

2021/08/15

しん∞SHI−N

【嘘から始まった恋、愛する事でやがて本物となる】恋に臆病な陽菜は、同級生の和馬から頼まれ、ウソ恋人の契約を結ぶ中、高校の廃校が決まり、親友の蓮司の事故を契機に、隠し持った秘密が顕になる物語。人を好きになるとは理屈では無い。恋なんて錯覚と周りの恋愛を冷めた眼差しで傍観する陽菜。同じ価値観を持つ和馬と惹かれ合うように契約して。愛する事が運命なのだと気付く。愛が花ならば、二人が演じた契約は造花だったのだろう。いつしか、美しさだけで無くその香りも知りたくなった。けして結ばれない恋愛も様々な感情を教えてくれるのだ。

2021/08/28

栗山いなり

勘が当たるって本当にあるんだなー…。まさかと思った展開が本当にそうだった時の衝撃ってすごい

2021/06/06

感想・レビューをもっと見る